ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子アナ 夏の人事異動で明らかになった勝ち組と負け組

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月は人事異動の季節。テレビ業界でも番組改編に伴う女子アナたちの“人事”が行なわれ、“勝ち組”と“負け組”が鮮明になっている。

 フリー転身を機に大ブレイクを果たしたのは元日テレの上田まりえ(29)だ。“女子アナ嫌い”で知られるマツコ・デラックスに気に入られ、TOKYO MX『5時に夢中!』のレギュラーの他、『踊る!さんま御殿!!』や『ダウンタウンDX』など、数々の人気番組にひっぱりだこで、まさに“勝ち組”といえる。

 一報、夏の人事異動で“負け組”となってしまったのが、NHKの有働由美子アナ(47)だ。

「NHK史上初の女性理事を目指しているといわれる彼女にとって目下の目標はエグゼクティブアナウンサーへの昇進だったが、今回の人事異動では見送られた。以来、張り詰めていた気持ちが緩んだようです」(NHK関係者)

 7月15日放送の『あさイチ』で、デートの際、下痢なのにゴルフの打ちっぱなしで息み、下着を汚したという体験を告白して、視聴者からの抗議が殺到。この放言も“気の緩み”のせい?

 視聴率三冠王をひた走る絶好調の日テレでは大黒柱・水卜麻美アナ(29)が相変わらず“一人勝ち状態”。一方、葉山エレーヌアナ(34)には厳しい夏となった。

「インターネット事業部へ異動となりました。アナウンス部との兼任ですが、ナレーションか短いニュースを読む程度の仕事しかなく、事実上の“女子アナ引退勧告”です」(日テレ関係者)

『お昼のANNニュース』や『ワイド!スクランブル』(ともにテレ朝系)のニュース担当にサプライズ起用されて3か月のテレビ朝日・下平さやかアナ(43)も絶好調だ。

「すっかり“お局”となっていた下平さんの扱いに局側も困っていたが、上層部の鶴の一声でニュースへ大抜擢。局内のやっかみも少なくなかったが、蓋を開けてみたら、アナウンス技術も安定していて評判は悪くない」(テレ朝関係者)

 一方で「エース候補」と期待されていた竹内由恵アナ(30)の評判は芳しくない。

「本人は報道希望だが、30歳を超えてもアイドルアナっぽさが抜けない。『表情が作れず人形みたいだ』と酷評されている」(同前)

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
日テレの「女帝」木村優子アナが異動 局内でざわめき起きる
丸岡いずみアナ 仕事とられた同僚からの視線が重圧だった説も
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。