体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夏のオススメ観光♪直島編】 宿泊必須!アートに浸れる直島へレッツゴー!

【夏のオススメ観光♪直島編】 宿泊必須!アートに浸れる直島へレッツゴー! 直島

夏をエンジョイするには、やっぱり旅!!

瀬戸内海に浮かぶ直島は、のんびりしながらも刺激的なアートに触れられて、とくにオススメ。

草間彌生のカボチャ作品など屋外作品も多く、海や空と一体になった現代アートを堪能できる♪安藤忠雄設計の美術館も必見。

友達、家族、恋人と…直島で夏の思い出の1ページを!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

直島諸島

直島諸島

瀬戸内海の香川県高松市の北約13km、岡山県玉野市の南約3kmに位置する直島を中心とした、大小27の島々から構成される諸島。

\口コミ ピックアップ/

ここは素晴らしい!!

カメラ好きな人にはもってこい☆★☆

まわりにあるものすべてが面白くてカワイイ被写体になります。

この地から眺める夕日もキレイだそうです。(残念ながら曇りで見れませんでした)

人口の少ない小さな島ですが、民宿の方も町民もみんなが暖かくて

なんだか田舎に帰ってきたような、誰しもがホッとできる島です。

もう一度ゆっくり訪れたいです。 直島諸島

住所/香川県香川郡直島町

TEL/087-892-2222

「直島諸島」の詳細はこちら

ベネッセハウス(ミュージアム)

ベネッセハウス(ミュージアム)

「ミュージアム」は外に向かって大きく開かれた構造をもち、室内にいても常に外部の自然を感じることができます。館内には収蔵作品に加え、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストたちは自ら場所を選び、作品を制作しています。

\口コミ ピックアップ/

夕方行ったこともあり、目の前に広がる夕日を眺めながら作品との一体感を楽しむことが出来ました。

ベネッセハウスには泊まらなかったけど、宿泊すれば館内でアートの説明が聞けるみたいです。

美術館周辺も散歩が楽しめたり、ラグジュアリーな雰囲気でとても素敵な時間でした。 ベネッセハウス(ミュージアム)

住所/香川県香川郡直島町琴弾地

「ベネッセハウス(ミュージアム)」の詳細はこちら

地中美術館

地中美術館

ベネッセハウスと同じく建築家・安藤忠雄氏が設計。建築そのものが芸術作品となっています。クロード・モネの「睡蓮」と、直島に長くかかわってきた現代を代表する美術作家ジェームズ・タレルとウォルター・デ・マリアの作品が永久設置されています。

\口コミ ピックアップ/

まず地中美術館という名前からしてどんな所?とワクワクします。

半地下の建物で設計は建築家の安藤忠雄さん。

各所で自然光を取り入れる仕組みになっていて天候や時間帯で展示物の見え方も変わるのでまさに一期一会の体験。何度も行きたくなる場所です。

混雑時は入場まで時間待ちもあるので、時間に余裕をもった計画がオススメ。 地中美術館

住所/香川県香川郡直島町3449-1

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会