体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未知の体験にわくわく!最新技術で仮想現実を体験しよう♪【東京】

VR ZONE Project i Can

アメリカに世界初のVRテーマパーク登場予定、都内でもVR施設が続々オープンなど、2016年は「VR元年」ともいわれている。

VRとはVirtual Reality=仮想現実の略で、ヘッドマウントディスプレイを装着して、

現実ではない3次元空間で、まるで実際に体感しているかのように錯覚し、楽しむことができる技術です。

VRってどんなもの?面白いの?

そんな素朴なギモンを解消するために、期間限定オープン中のVR体験施設に潜入してきました!

お台場ダイバーシティで「VR ZONE Project i Can」を体験してきました!

VR ZONE Project i Can【お台場】

VR ZONE Project i Can

2016年4月にオープンした期間限定のVRエンターテインメント研究施設。VR体験は「高所恐怖SHOW」「脱出病棟Ω(オメガ)」など6種。1時間30分の入場時間内にすべての体験が可能なのでぜひチャレンジを。

体験START!

アクティビティ1.高所恐怖SHOW

地上200mの板の上に逃げ込んだ子猫を救うミッション。リアルな映像、風の演出などで、たった一歩が踏み出せずリタイヤする人も居るとかVR ZONE Project i Canわずかに傾く板、ふわりと吹く風が恐怖心を煽る VR ZONE Project i Can子猫のおびえ方もリアル

アクティビティ2.SKI RODEO

崖が切り立つ広大な雪山を、猛スピードで急滑降。迫力ある映像に専用体感マシンによるスキーの動きと震動が臨場感抜群で、滑り応え十分。VR ZONE Project i Canスキーは初級者の木村はゴールまでたどり着けず VR ZONE Project i Canゴールまでの道筋はいくつも存在。最速を目指そう

アクティビティ3.脱出病棟Ω

2~4人のグループで体験する恐怖の館。人間が隠れているお化け屋敷以上のリアリティで、絶叫必至!VRならではのかつてない恐怖体験。VR ZONE Project i Can思わず絶叫!無意識にカラダが防御の姿勢に VR ZONE Project i Canいくつかのルートがあり、リピートしても毎回コワイ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。