ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

60度のお湯を使って粘土のように成形できる素材「Ingo Glow」が登場!新バージョンは暗闇で光る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お湯につけると、粘土のように“成形できるプラスチック素材”「Ingo Glow」が面白そうだ。

・好きな形に成形できるプラスチック!しかも暗闇で光る

手でこねたり曲げたりして好きな形に成形できるので、ある意味3Dプリンター要らず。しかも、世界で初、暗闇の中でぼんやりと光る、蛍光タイプの“成形性プラスチック”なのだ。

・無毒性の素材なので安心

縦51、横89、厚さ2.5ミリメートルのポケットに入るサイズのプラスチックで、ブルー(暗闇で緑に光る)、グリーン(暗闇で黄色に光る)タイプがそれぞれ2種類ずつ、全4枚のパック。

実は、以前に旧バージョンの「INGO」を開発しており、こちらは発光はしないタイプだ。

どちらも、無毒性で生物分解性のあるポリマー素材を使っているので、人体にも環境にもやさしい。ナイロン並みの丈夫さをもつ。

もちろん、お湯につければ何度でも別の形に成形して使うことができる。

・60度のお湯に3分浸すだけ

使い方は超シンプル。60度のお湯に3分ほど浸すと、徐々にやわらかくなるので、取り出して好きな形に成形しよう。ただ、出した直後は熱いので、ヤケドしないようご注意を。

お手製で簡易のスマートフォンやタブレット立てをつくったり、短くなった鉛筆の延長ホルダーを成形したり、破損したプラスチック素材の補強に使ったり、使い道はあなた次第で無限大。

新バージョンは発光するタイプなので、夜間の誘導光にしたり、電灯スイッチの横につけておけば、暗くした後のスイッチの位置の目印にしたり……なんて使い方もできそう。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中。早期予約価格7ドル(約708円)+配送料金で、基本の4枚パックを入手できる。

Ingo Glow

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP