ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化が実現か、米ABCが「交渉を重ねてきた」とコメント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mark Hamill, Carrie Fisher and Harrison Ford in

米テレビ局ABCの社長チャニング・ダンジーによると、同局は依然として、遥か彼方の銀河系を訪れる日が来ることを願っている。ダンジーは、映画シリーズ『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化の可能性についてルーカスフィルムと交渉を続けている、と語っている。

ダンジーは、テレビ批評家協会のサマー・プレスツアーで、「1人のファンとして(テレビシリーズ化の実現に)イエスと言いたい。ルーカスフィルムとは話し合いを重ねてきたし、今後も続けていきます。もし『スター・ウォーズ』を我々のテレビプログラムに拡大する方法が見つかれば、それは素晴らしいことです」と、コメントした。

プレスツアーでの発表の後、ダンジーは複数のリポーターたちに向け、現時点では『スター・ウォーズ』のテレビシリーズ化に関連する進行中の公式の企画は存在しないと語った。また、「ルーカスフィルムは巨大な秘密事項が多くあります。マーベルが秘密を重んじると考えるなら、ルーカスフィルムはそれをさらに上回るレベルです」と語り、「交渉は進んでいます。公式な進行スケジュールは特にありません」と、加えた。

現在ABCは、『スター・ウォーズ』のアニメ版で、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の数年後、そして映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以前を舞台とする、ディズニーXDによるアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』シリーズ、そして、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の間について描くアニメ『Lego Star Wars: The Freemaker Adventures(原題)』を放送スケジュールに組み込んでいる。

『スター・ウォーズ 反乱者たち』は、サイモン・キンバーグがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。キンバーグは、謎に包まれた『スター・ウォーズ』のアンソロジー版映画の脚本を執筆しており、キーファー・サザーランドが主演するABCの新テレビシリーズ『Designated Survivor(原題)』でもエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。

このニュースは、ダン・ホロウェイによって報じられた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。