ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国によってこんなに違う。世界のビンテージ切手が面白い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSやメッセージのやりとりが当たり前になってしまった今、封筒や便箋、そして切手を選んでまで手紙を出す、という人は少ないかもしれません。

でも、昔の人たちにとっての「切手」は、今で言う「LINEスタンプ」のようなものだったのかも。改めてこうして並べて見てみると、すっごくカワイイんです。

@mailmaidstampsが投稿した写真 – 2016 3月 18 5:49午前 PDT

アメリカ各州の60年代の切手。

Juliaさん(@evamoonpress)が投稿した写真 – 2016 1月 27 8:01午前 PST

アラスカのシロクマ切手。

Saint-Petersburg, Russiaさん(@so_postage)が投稿した写真 – 2016 4月 12 12:54午後 PDT

ガガーリンが描かれたソ連の切手。

@mailmaidstampsが投稿した写真 – 2016 5月 22 11:03午前 PDT

こちらはモンゴル。

Saint-Petersburg, Russiaさん(@so_postage)が投稿した写真 – 2016 6月 11 4:35午前 PDT

ファンシーなチェコスロバキアの切手。

Juliaさん(@evamoonpress)が投稿した写真 – 2016 4月 23 8:48午前 PDT

「SAVE A HEART」と描かれたインディアナ州心臓財団の切手。

Send More Mailさん(@send_more_mail)が投稿した写真 – 2016 7月 9 8:29午前 PDT

@mailmaidstampsが投稿した写真 – 2016 7月 1 6:53午前 PDT

ミニマルなデザインのカナダ。

@mailmaidstampsが投稿した写真 – 2016 4月 27 5:32午前 PDT

@mailmaidstampsが投稿した写真 – 2016 5月 2 5:37午前 PDT

Sasha Martinezさん(@othersashas)が投稿した写真 – 2016 6月 10 11:49午後 PDT

時代背景や流行が伝わってくるものが多く、切手収集が趣味という人の気持ちがちょっとわかります。

Licensed material used with permission by bonjourfacteur
Reference:mailmaidstamps,evamoonpress,so_postage,send_more_mail,othersashas

関連記事リンク(外部サイト)

だから僕はみんなに「笑って」って言うんだ。笑顔の素敵さがよくわかる7枚の写真
きっと、何かを見逃してしまう「写真」です
大人も「本気で遊べる国」ニュージーランドの魅力がたっぷり詰まった映像

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP