体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

快適に過ごせる!ノマドワーカーにはニュージーランドがおすすめ

快適に過ごせる!ノマドワーカーにはニュージーランドがおすすめ
Ikkoshi Ota「世界一美しい星空!テカポ湖☆」

Ikkoshi Ota「世界一美しい星空!テカポ湖☆

こんにちは!Compathy Magazineライターのコンです。
7月上旬、蒸し暑い梅雨の日本を離れて、カラッとした冬のニュージーランドに滞在してきました。日本からの時差も少なく、温暖な気候のニュージーランドはとても快適。筆者はフリーランスのソフトウェアエンジニアなので、ニュージーランドでは余暇を過ごしつつ、日本での仕事をすることができました。

そこで今回は、ニュージーランドで仕事をするにあたって役立つ情報をまとめてお伝えします。気候や物価などの基本的な情報から、ネットの速度や日本のメンバーとのコミュニケーションなどの仕事に関することまで、たっぷりとご紹介しましょう!

ニュージーランドの気候は?

IMG_4697
ニュージーランドは西岸海洋性気候に属しています。ヨーロッパではイギリス、フランスなど、北アメリカではアメリカのシアトルやカナダのバンクーバーが同様の気候です。日本で例えるのであれば、秋から冬にかけての気候に似ています。

筆者がニュージーランドで過ごした7月上旬ある日の気候は、オークランドで最高気温16度、最低気温は5度、さらに南下したクライストチャーチで、最高気温13度、最低気温は3度といった感じでした。ちょうど梅雨真っ盛りの日本のジメジメした気候から、ニュージーランドのカラッとして涼しい環境に移動してきたので、より一層心地よく感じました。

物価はどのくらい?

Ikkoshi Ota「世界一美しい星空!テカポ湖☆」

Ikkoshi Ota「世界一美しい星空!テカポ湖☆
旅行者が気になる物価は大まかに分けると「ホテル代」「食事代」「交通費」「レジャー代」の4つ程度でしょう。この4つについて、日本と比較しながら紹介します。厳密な数値というより筆者の感覚的な話になってしまいますが、ご了承ください。

ホテル代:日本と同等程度で、シングルルームだと5000円〜、ドミトリーだと1500円程度です。
食事:レストランは日本より少し高めになっています。そこそこおいしいお店は1500円〜。スーパーマーケットだと日本と同等程度。物によって日本より安い場合もあります。
交通費:日本よりやや高く設定されています。バス、フェリー共に日本の同等の距離で1.5〜2倍程度で割高な印象でした。
レジャー:日本と同等程度です。

気になるネットの速度は?

IMG_4771
筆者のようにソフトウェアエンジニアの仕事をしている人も、そうでない人も、海外でネットを使いたい人は多いですよね。ニュージーランドは固定のネット回線も早く、携帯電話のLTEも普及しているので、その面ではとても安心できました。

筆者がネット接続したのはホテルのWi-FiとSimフリーのスマホに旅行者用のSimをさしたもの。滞在したホテルのWi-Fiの速度は下りで3Mbps〜5Mbps程度。日本とのSkypeやYoutubeの動画の閲覧、Facebook、Twitter等を利用するには全く問題ありませんでした。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。