ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

喜久蔵ラーメン 「まずい」の宣伝効果を木久扇が明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桂歌丸から春風亭昇太への司会者交代、林家たい平が『24時間テレビ』のマラソンランナーに決定と、50年周年を迎えた『笑点』(日本テレビ系)の出演者はなにかと話題になっている。林家木久扇(78才)は、最年長メンバーに。「黄色い人」でおなじみ、林家木久扇の素顔に迫った。

――木久扇さんは食にこだわりがあるそうですね。

木久扇:そうなんです。口の商売ですから、おいしいものを知らないのはだめ。おにぎり2個で満腹になっている人が、金持ちの話をしたって、それは現実味がないでしょ? おいしいものを知っているから、話ができるんです。

――木久蔵ラーメンは相変わらず人気ですか?

木久扇:ラーメンは商売になって34年目。まずいまずいと言われていますけど、しゃれでね。1銭も宣伝にお金をかけていないのに、木久蔵ラーメンは今、東京駅、羽田空港などで売られています。

――ズバリ、売り上げ金額を教えてください。

木久扇:メーカーさんがやっているので、細かいことはわからないのですが、よく売れていますよ。

――笑点メンバーが店舗に食べに来たことはある?

木久扇:歌丸さんや円楽さん(5代目)たちが、『笑点』のロケで店舗に来たんです。番組を盛り上げようと、普段のメニューにはない、アイスクリームラーメンとか氷イチゴラーメンを作ったんです。円楽さんは「このアイスクリームラーメンはとても食べにくい」と言っていました。さすがに司会者だから、まずいとは言わなかった(笑い)。

――木久蔵ラーメンは、木久扇さんが考案した?

木久扇:レシピはぼくが考えました。工業高校の食品科で学びましたから、食品に関しては詳しいんですよ。初めに就職したのも森永乳業ですから、食品業界に友達いっぱいいるんです。

 年齢によって好みの味が違うでしょ? だから50才以上の人に心地いい味に絞って、おしょうゆとかつぶしと昆布のブレンドにこだわりました。昔食べていた、下町の支那そばの味を守っています。

――落語界史上初となる親子W襲名も話題になりました。

木久扇:実は、原案は春風亭小朝くんなんです。小朝くんにせがれ(2代目・林家木久蔵)を預けた関係で、随分、稽古をしてもらいました。せがれは一時期、ぼくより小朝くんに会っていて、ごちそうになったり、旅のお土産をもらったりしていました。

 せがれが「師匠、ぼく売れたいんですけど、どうすればいいでしょうか」と相談したら、小朝くんが「面白い売り方をしようじゃないの」と考えてくれて、「お父さんが改名して、君が木久蔵を継ぐと注目されと思うけどどう?」って。ぼくがそれに乗ったんです。2人の合作なんです。

 そうしたら大きなニュースになって、新幹線の電光掲示板のニュースにものったんですよ。襲名披露では大きい会場ばかり、全国88か所まわりました。

――木久扇さんはがんでの闘病を2度も経験しています。喉頭がんでの1か月半の療養中、『笑点』のことも気になったのでは?

木久扇:『笑点』を9週間も休みましたから、代わりに桂文枝さんや小朝くんがくるんじゃないかと、気が気じゃありませんでした。でも『笑点』のスタッフが、席を空けて待っていてくれたんですね。メンバーも支えてくれて、番組の中でも「帰って来てください」と言ってくれて。家で番組を見ていて、とても嬉しかった。

 意外だったのは、300通くらい手紙や折鶴が届いたんですけど、ほとんどお子さんからだったんです。こういう人たちが見てくれているんだって、ビックリしましたし、励まされました。すべてファイルして保管してあります。ぼくは、お子さんにもわかりやすい回答しているからですかね(笑い)。

――喉頭がんでは、しばらく声が出なかったんですか?

木久扇:聞き取れないほどかすれた声になっていました。このまま声が出なかったらと思うと、つらかったですね。だけどある朝、ベッドから起きて「おはよう」と言ったら、おかみさん(妻のこと)が絶句して、「お父さん、声でたわ」って。

 ぼくはいつものかすれた声を出したつもりだったんだけど、先に周りがびっくりして、ぼくはだんだん実感してきて、後からびっくりしたんです(笑い)。ああ、治してもらったんだ、と思いました。

――最後に下半期の目標を教えてください。

木久扇:6月にCDをリリースしたんです。せがれとぼくと孫たち、3代で歌っているんです。『空とぶプリンプリン』というタイトルの曲で、作詞はぼく、作曲は元オフコースの鈴木康博さんです。

『みんなのうた』(NHK)で放送されているんですけど、親子3代で歌うのも咄家が歌うのも初めて。ぼくが描いた絵がアニメーションになっているのですが、絵を描いた本人が歌うのも初めての、初めてづくしです。

 ロック調の曲でかっこいいんです。だから『およげ!たいやきくん』『だんご3兄弟』くらいヒットするんじゃないかと思っていて(笑い)。年末は孫たちと紅白に出るのが目標です。

【林家木久扇(はやしや・きくおう)】
1937年10月19日生まれ。東京出身。高校卒業後、森永乳業に入社。のちに漫画家を目指し清水崑を師事した後、三代目桂三木助に入門。1961年に八代目林家正蔵(のちの彦六)門下へ移る。1969年より、林家木久蔵として『笑点』(日本テレビ系)レギュラー。2007年、木久扇を襲名。今年6月22日、親子3代(林家木久扇、林家木久蔵、クミ、コタ)と元オフコース・鈴木康博が歌う『空とぶプリンプリン』リリース。

撮影■浅野剛

【関連記事】
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立
林家木久扇 専門店で自分の指人形注文し『笑点』で使う予定
林家木久扇 スマートボール専門店で隣客に指南する腕前披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP