ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

九重親方「娘の誕生日までは…」と最期の踏ん張り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元横綱・千代の富士の九重親方が7月31日、膵臓がんのため61才で亡くなった。昨年6月に、緊急手術を受けるも、その後、がんは全身に転移。特殊な放射線治療を受けながら、親方としての仕事をこなしていたが、今年7月の名古屋場所4日目(7月13日)の後に体調を崩し、東京に戻り緊急入院した。親しい友人が明かす。

「入院後に連絡をもらいました。もう長くはないかもしれない。でも、弱った姿は見せたくないから、お見舞いはお断りさせてほしいと…」

 それでも、親方は最後の気力を振り絞っていた。

「娘の誕生日までは、踏ん張るよ」

 長女・優さんの誕生日は7月19日、モデルの次女・梢は27日だ。入院中はいつも優さんが親方の隣にいたという。

 九重親方の家族に対する愛情には、特別なものがある。妻の久美子さんとは関脇時代の1981年、後援者の紹介で知り合った。

「九州場所の博多で一目見て、“ピピッ”と感じるものがあったそうです」(ベテラン相撲記者)

 翌年9月に結婚式を挙げた。相撲の取り口同様の“一気の速攻”だった。その翌1983年には長女・優さんが誕生する。

「優さんが3才くらいの頃、千代の富士関が負ける場面を見て“パパが負けちゃった。かわいそう”と泣き止まなかったそうです。ところが、幼稚園に入ってから、横綱が“パパ負けてごめんね”と言うと、“この前勝ってくれたからいいよ”と小さいなりに慰めようとする。それには、“これじゃあ頑張らないわけにはいかないでしょう”と話していました」(ベテラン記者)

 1986年には長男、1987年には梢、1989年2月には三女・愛ちゃんが誕生した。

「千代の富士関は子供が生まれるたびに“この子を抱っこして優勝の記念写真を撮ってやる”と言っていました。“物心つくまでは勝ち続けて、父親が相撲取りだったとわからせてやりたい”とも。家族こそが自分の心の支えだと確信していたんです」(前出・ベテラン記者)

 その直後の1989年春場所。千代の富士は27回目の優勝を飾り、愛ちゃんは生後わずか1か月で優勝の記念写真に収まった。後に千代の富士はこう述懐している。

「女房には“まだ首も据わってないから無理”と言われた。それでも、なぜか無性に一緒に写真を撮りたくなった」

 撮影の時、千代の富士は目を赤くし、「これが念願だった」と喜びを口にした。

 だが、それからわずか3か月後の6月12日、愛ちゃんは乳幼児突然死症候群で、生後4か月というあまりにも短い生涯を終える。この時の千代の富士の憔悴ぶりは激しく、体重は一気に4kg減った。

 愛ちゃんの葬儀から2週間で始まった名古屋場所。千代の富士は首に大きな数珠をかけて場所に通った。

「涙を流して娘が帰ってくるなら泣く。それより、あの子のために優勝する」

 この場所、千代の富士は左肩脱臼の影響もあり、満身創痍の状態で、「15日間土俵に上がるだけで奇跡」といわれるほどだった。

 それでも愛ちゃんの霊前に供えるように、1日、1日、白星を積み重ねた。そして史上初となる同部屋の横綱同士による優勝決定戦の末、北勝海(現・八角親方)を破り、見事に優勝を果たす。千代の富士は後にこうも語った。

「忘れようと頑張った。でも、死んだ娘が後ろから押してくれて勝った、と思う相撲もあった」

 今年6月4日、九重親方は東京・台東区にある菩提寺を訪れ、愛ちゃんの眠る墓前で手を合わせた。

「(親方の)緊急入院は7月13日でした。19日の優さんの誕生日は、個室の病室でおかみさんと3人でお祝いをしたそうです。体調が急激に悪化し、集中治療室に運び込まれたのは24日。しだいに意識がなくなり危篤状態になりましたが、27日の梢さんの誕生日は何とか持ちこたえた。最期の最期まで、親方は気力を燃やし続けたんです」(前出・相撲関係者)

 2人の娘の誕生日を祝い終えた31日、大横綱は逝った。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
九重親方 貴乃花親方に毎日土俵の報告する「部下」の立場に
貴乃花親方部長就任に「失敗したら追及の材料に」と危惧の声
相撲大好きアラサー女子が推薦「ハズさない」相撲解説者3人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP