ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジルで独自の進化?ブラジルで食べたいスープに浸かったYAKISOBA!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最大の日本人街を持つブラジルでは、なんと“焼きそば”が庶民の味になっているんです。しかし、その定着の仕方が少し日本人からしたらおかしなことに…

 

今回は、そんなお店とインスタントで全く違う、日本生まれ、ブラジル育ちの“YAKISOBA”をご紹介!

 

お店の“YAKISOBA”

 

リオデジャネイロのZona Sul(ゾナスー)には、ハンバーガーショップ、バー、ベーカリー、大衆レストランといった形の様々なお店が並んでいます。そんなお店の中で見つけられるのが“YAKISOBA”。

 

(鶏肉入り、牛肉入り、えび入り、ミックスなどの種類)

焼きそばを頼む際には、お店により種類があり“カルネ”“鳥”“エビ”“ミックス”がたいてい置いてありました。

 

 

味はというと…とにかくしょっぱい!

 

基本的にブラジルの食事は個人差にもよりますが私にとって、しょっぱいものはしょっぱすぎ、甘いものは甘すぎます。そのため、焼きそばも例によってしょっぱいです。

 

お店にもよりますが、皿の底にソース(というより醤油)が溜まるほどかかっていました。なのに、提供される際に卓上醤油とともに出されます。すごいです…。

 

日本人の“焼きそば”の概念を壊すインスタント“YAKISOBA”

お店で食べる焼きそばは、調味料が皿の下に溜まり、あまりにしょっぱいですが、一応見た目は焼きそばの形をしていました。問題はここから…スーパーで見つけたインスタントの焼きそばです。

 

さぁ、作り方を見てみましょう。

 

お湯を沸かして、麺をゆでて…ここまでは日本のインスタント焼きそばと変わりませんね。ところが…ん?あれ?粉末スープを思いっきりお湯の中に入れている…。

 

そうなんです。これがブラジルのインスタントYAKISOBA!!なんです。私はポルトガル語が読めないので「なんかおかしいなー」と思いながらブラジル人の知人に聞いてみると、「スープありでいいんだよ!」とのことでした。で、出来上がったのがこちら…。

 

 

まぁお世辞にも美味しそうではないですね。感想は、ちょっと変わった味のラーメンを食べたという感じで、焼きそばでは全くなかったです。当たり前ですが…。

 

作り方を教えてくれた知人曰く「好みの味に合わせてお湯を捨てて調節するんだよ!」とのことでした。あくまでインスタントはスープありきのYAKISOBAらしいです。

 

海外で見る日本食は面白いですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP