体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夏のオススメ観光♪松山編】 漱石や子規ゆかりの土地。文豪と詩人の街、松山へレッツゴー!

【夏のオススメ観光♪松山編】 漱石や子規ゆかりの土地。文豪と詩人の街、松山へレッツゴー! 松山

夏をエンジョイするには、やっぱり旅!!

近代日本文学が好きな文系女子には文化溢れる街、松山がとくにオススメ。

「坊ちゃん」の夏目漱石をはじめ、詩人正岡子規など文豪ゆかりの土地で軌跡をたどるのも乙なもの♪

お友達、家族、恋人と…松山で夏の思い出の1ページを!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

松山城

松山城

松山のほぼ中心、勝山山頂に建つ名城。標高132mの勝山の山頂に佇み、市内のほとんどの場所から目にすることができる。姫路城・和歌山城とともに、日本三大連立式平山城の一つとして数えられている。慶長7年(1602年)に賎ケ岳七本槍の1人加藤嘉明によって、築城が開始され、20年以上かけて完成。

\口コミ ピックアップ/

松山市には、名城として名高い伊予松山城があります。

市街中心部を見下ろす勝山(海抜132m)の頂上に聳え立つその姿は雄雄しく、姫路城、和歌山城と並んで日本三大連立式平山城に数えらています。

松山城の魅力は、なんといっても豊富に残る城郭群で、実に21棟が国の重要文化財に指定されています。

広い城内には、天守閣をはじめ、連立小天守、隅櫓など数多くの建築物があり、かなり見ごたえがありました。

しかしながら、姫路城のような華麗さはなく、無骨で、ただ戦の為だけに建てられた質実剛健な城といった印象でした。 松山城

住所/愛媛県松山市丸之内

TEL/089-921-4873

「松山城」の詳細はこちら

道後麦酒館

道後麦酒館

道後温泉本館のすぐ横の好立地にあり、道後唯一の蔵元の湯上りのビールが湯上りに美味しく味わえる。宇和島のじゃこ天から地鶏の料理、野菜までいろいろなメニューが揃う。

\口コミ ピックアップ/

鯛飯と麦酒をいただきました。

麦酒と鯛飯が合う!

働いてて、良かったと思う味でした。

お店の雰囲気もよくて、場所も道後温泉からすぐなので、初めての人でも迷わず行けると思います。

鯛飯ほんとオススメです。 道後麦酒館

住所/愛媛県松山市道後湯之町20-13

TEL/089-945-6866

「道後麦酒館」の詳細はこちら

道後温泉

道後温泉

夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台として、また時を知らせる太鼓楼 振鷺閣のある温泉として、全国に知られる。温泉の歴史は古く、「伊予ノ湯」「熟田津ノ湯」と呼ばれ、「日本書紀」「万葉集」「源氏物語」などにも名湯として登場する。

◎道後温泉本館 道後温泉のシンボルとして存在。明治27年に建築された三層楼のどっしりしたもので、平成6年12月国の重要文化財に指定された。近代的なホテルや商店街の中にあって、ひときわ風格ある姿を誇っている。 周囲のホテル・旅館に泊っても、手ぬぐい片手にわざわざ入りにくる観光客が多い。ここには毎朝一番風呂に入ろうと、時を告げる太鼓の音を待ち構えている地元の人の伊予なまりを聞きながら、のんびりお湯に浸るのも、旅情が感じられていいもの。入浴コースには4種類あるが、神の湯2階席は55畳の大広間に案内され、ゆかたを貸してくれ、湯上がりには炭火で沸かしたお茶が、天目茶碗にのせられた砥部焼きの湯飲みで出てくる。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会