体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポイントは、納得・やる気・簡単・習慣化!夫婦の家事育児の分担ルールの作り方、我が家の場合

f:id:akasuguedi:20160803033938j:plain f:id:akasuguedi:20160728220626p:plain

こんにちは、斗比主閲子です。

赤すぐの編集さんからこんなお願いがありました。

斗比主さんは夫婦で、育児のオペレーションモデルを作るにあたって、何か話し合いは持たれるのでしょうか? なかなか、夫婦でルールをしっかり決めて回していくというのが難しいなあと感じるので、もしその話し合いや伝え方のコツ、実際に安定運用に持っていくコツのようなものがあれば、お聞かせください。

特別なことはしてませんけど、我が家がどうやってルールを決めているか、どうやって運用しているかを書いてみます。 前回の記事:「自分だけ大変」を防ぐ!パパママの精神的疲労を軽くする、ポジティブな”ワンオペ”のススメ

ひとりの問題はふたりの問題

まず、大前提として、我が家では「夫婦どちらか一人の問題は夫婦二人の問題」という考えがあります。例えば、家事が回らなくて辛いとか、育児で子どもにイライラするとか、そういうことを夫婦どちらかが感じたら、それを相手に伝えて、夫婦二人で解決しようとします。

それは、我が家が、二人が一人の時より快適に、一人ではできないことをやるために夫婦をやっているからです。どちらか一人に負担が偏っているとか、どちらか一人が(相手に関係なく)弱っているとか、そういうことが分かれば、それは夫婦の不幸せなので、その問題を解決しようとします。

これが大前提です。自分たちのために問題に立ち向かいます。

ポイントは、納得・やる気・簡単・習慣化

それで、何か問題があるとして、それを解決するためのルールを作るときには、そのルールが納得できるものか、やる気が出るか、簡単か、習慣にできるかを考えて設定します。

例えば、先日の記事で書いたように、我が家では私が主にお弁当は作ってます。あるとき、お弁当作りがとても嫌になりました。そのことをパートナーに打ち明けて、よくよく話をしてみると、どうやら私は食材を弁当に詰めるのに抵抗感があることが分かりました。

私は料理をするのが好きですが、パートナーは料理は嫌いです。ただ、パートナーは出来上がった具材を弁当に詰めるというのは、それほど手間ではないし、綺麗に並べるのは好きらしい。ということで、前日の夜までに食材の調理は私が済ませ、朝にパートナーには食材を詰めてもらうことにしました。

これがお弁当全部をパートナーに一方的に任せるということであればたぶん成立しなかったと思います。家事でも育児でも、本人が好きだったり、細かく分けると、できる部分があるものですからね。 関連記事:まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと

ルールを守れないのはわたしのせい?あなたのせい?

ただ、そうやって、家事育児の分担ルールを決めても、それが思った通りに運用できないことがあります。そういうときは、相手が悪いとか自分が悪いとか考えないで、ルールの設定に問題があったと考えます。

具体的には、どうしてそのルールがあるのか理解していないのではないか、やりがいがなかったのではないか、難しすぎたのではないか、自然にこなせないものだったのではないかという観点で見直します。

ルールを守れないときに「なんでこんなこともできないの!?」は我が家ではあまり使われていません。これは相手のやる気を物凄く奪うし、相手の問題を自分の問題と考えてないから出る言葉ですから。

例えば、男性がトイレで便座を上げて立って小をすることがありますよね? 男親でも子どもでもいいんですけど。そうすると、トイレ掃除担当の家族からすると掃除の頻度や手間が増えて嫌だったりするわけです。だから、トイレは座ってするように決めるわけです。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。