体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夏のオススメ観光♪小笠原編】 都内の離島、南の島の楽園父島・母島へレッツゴー!

【夏のオススメ観光♪小笠原編】 都内の離島、南の島の楽園父島・母島へレッツゴー! 小笠原

夏をエンジョイするには、やっぱり旅!!

海外までは腰が重いけど、エキゾチックな気分も味わいたい!そんなときは小笠原がオススメ。

国内とは思えない南国の風景広がる東京都、小笠原を満喫するなら父島・母島♪

お友達、家族、恋人と…小笠原の父島・母島で夏の思い出の1ページを!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

旭山 【父島】

旭山

二見漁港の背後の山で、咸臨丸が来島した幕府巡検隊が日本国旗をこの山頂に立てた。山頂まで遊歩道が続き、ここから見下ろす二見湾の濃淡は美しい。

\口コミ ピックアップ/

小笠原のベストスポットかもしれません。小笠原の真っ青な海を一望できます。空気も綺麗でとても気持ち良い場所でした。

人生で一度は必ず行っておきたい絶景スポットです。南国リゾートの雰囲気がでていて居心地いいところです。 旭山

住所/東京都小笠原村父島

TEL/04998-2-3114

「旭山」の詳細はこちら

素潜りの学校 小笠原父島 【父島】

素潜りの学校 小笠原父島

船長の岡崎です。ドルフィンスイムを自分が始めてやったのは8年前です。気持ち良いなぁと思っていましたが、最初は面白さがあまりよく分かりませんでした。しかし、数年前、趣味の魚突きをしに海に出ていたときに、船にぶつかりそうになるぐらいの距離をイルカが頻繁に横切るので、舵を切ったら、そのすぐ先に浅瀬があって、あのまま行ってたら座礁してた、ということがありました。

「助けてくれた?まさかな」「イルカは船の近くに寄って遊ぶこともあるし」と思い、そのまま通りすぎたのですが、そのあと、近場で魚突きをしていたら、海底で、おそらく先ほどのイルカが何頭か来て、じっとこっちを見るような感じでとまっていました。「ありがとう」と思いをこめて、ゆっくり手をあげたら、キュイキュイと顔を縦に振って、去っていきました。まるで人と会話しているような不思議な瞬間でした。

もしかしたら、こっちが思ってるよりずっと、イルカは色んなことが分かってるのかもしれないと思った瞬間でした。そして、その日は一日中、幸せな気持ちに包まれました。それから、ドルフィンスイムをするのが楽しくなりました。やっぱり何かを思ったり、考えたりしてる気がするからです。皆さんがイルカという存在と出会うことをお手伝いできたら嬉しいです。(素潜りの学校 船長 岡崎至晋)

\口コミ ピックアップ/

南島に行かないプランBを体験しました。参加者に行きたいポイントを聞いてくれ全体のバランスをみて場所選定をしてくれるフレキシビリティさがあります。

全てボートエントリーで、水深10mのポイントでダイビング並みの魚影を見たり、狭い洞窟を参加者が縦に並んで探索遊泳したり、大きな洞窟を青の洞窟のようなブルーの光を浴びて往復したり、、ダイナミックな自然とともにシュノーケリングを楽しめます。

ここのツアー内容はただ魚を見るだけではなく、ダイナミックな自然・地形とともにシュノーケリングを楽しめるのが醍醐味でしょう。私はダイバーで様々なポイントをダイビング/シュノーケリングしましたが、最高のクオリティレベルです。ある程度シュノーケリング経験のある方には大満足間違いなしなのでオススメします!! 素潜りの学校 小笠原父島

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。