体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「汚染がれきは東電にお返しするのがいい」京大原子炉実験所・小出助教に聞く 全文

汚染がれきは「東電にお返しする筋の物」

 福島第1原発事故の影響で放射能に汚染されたがれきは「東京電力にお返しする筋の物」。京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は2011年11月5日、ニコニコニュースの単独インタビューに応じ、ニコニコ生放送の視聴者からの質問に答えた。小出助教は、ニュースなどで話題になっている汚染されたがれきの処理についてたずねられると、がれきを放射性物質を出さない廃棄施設で焼却したのち、福島第1原発を封じ込める「石棺」を造る際の、コンクリートの材料とすべきであると語った。

 以下、番組を全文書き起こして紹介する。

・[ニコニコ生放送]全文書き起こし部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68771886?po=news&ref=news#00:00:02

■福島2号機のキセノン検出 再臨界の可能性は「たぶんない」

ニコニコニュースの亀松太郎編集長が質問をぶつけた

アシスタント吉野智子(以下、アシスタント): 皆さん、こんばんは。ニコニコニュースの吉野です。そしてこちらは亀松編集長です。それでは本日は、「放射能汚染の時代を生き抜くには? 異端の研究者 小出裕章氏がニコ生ユーザーの質問に答えます!」と題しまして、京都大学原子炉実験所助教でいらっしゃいます小出裕章先生をお招きして、ユーザーの皆さんの質問にたっぷりとお答えいただきます。それではさっそく、小出先生をお呼びいたしましょう。小出先生、よろしくお願いします。

会場: (小出裕章氏が登場)。

京都大学原子炉実験所・小出裕章助教(以下、小出): こんにちは。

アシスタント: よろしくお願いします。

亀松太郎ニコニコニュース編集長(以下、亀松): よろしくお願いします。

小出: よろしくお願いします。座っていいですか。

アシスタント: はい、どうぞ。

亀松: どうぞ。

亀松: 今日のインタビューよろしくお願いいたします。

小出: はい、よろしくお願いします。

アシスタント: よろしくお願いします。

亀松: この部屋は長野県上田市にある信学会という予備校の一室で、実は先ほど高校生向けに原子力の話をされていたわけですけれども、その感想というか若い人からも質問あったと思いますけれどもいかがだったでしょうか。

小出: いいですね。若い人って・・・。

亀松: ああ、そうですか。

小出: これから彼らが生きていく、そしてこの日本という国を作っていってもらわなければいけない。私としてはこんな放射能で汚れた国を彼らに残すということを大変申しわけないし、気も重いけれども、もうどうしようもない。それしかないわけだし、やはり若い人たちがしっかりと自分の頭で考えてくれるということだけが希望ですので、一人一人の若い人がちゃんと考えようとしてくれるということを見ると、やはりちょっと希望というか嬉しく思います。

亀松: なるほど、わかりました。今日はニコ生(ニコニコ生放送)ユーザーの質問をどんどんぶつけてお答えいただくということなんですけれども、大きく3つに分けて30分くらいお話をうかがいたいと思います。1つ目は、現在の福島原発(福島第1原子力発電所)の状況についての質問がいくつかありますので、それについてお答えいただきたい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。