体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

丼にチャーシューの花ひらき、舌が喜びの舞を踊る「鶴武者」の絶品ラーメン【京都市】

f:id:mesitsu_la:20160728024526j:plain

アンチラーメン派も寝返る旨さ!

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。酒好きの割に、意外とラーメン愛が薄いタイプです。

飲んだ後のラーメンは断固拒否し、代わりにカツサンドを買うの。

そんな私が珍しくわざわざ食べに行きたくなるラーメンがあるのですが、みなさまご興味おありでしょうか? おありですよね。さぁさぁ、とくとご覧ください。

f:id:mesitsu_la:20160728024540j:plain

阪急・西院駅から徒歩約5分。

f:id:mesitsu_la:20160728024539j:plain

四条通から春日(佐井)通を南へ下がった、飲食店が数軒並ぶ一角に目指すお店はあります。

f:id:mesitsu_la:20160728024538j:plain

その名は「らーめん 鶴武者」。

f:id:mesitsu_la:20160728024537j:plain

清潔なカウンターが伸びる店内には、製麺機がどーんと鎮座しています。そう、ここは自家製麺をはじめ、化学調味料を一切使用しないスープや具を揃えるこだわりのラーメン店。

店主の西村佳哲さんいわく、「自分に子どもができて、その子が安心して『つるつる、むしゃむしゃ』食べられるような安全なラーメンを作ろうと思ったんです」。

f:id:mesitsu_la:20160728024536j:plain

麺は、北海道産の小麦粉のみを使った自家製。「やっぱり国産小麦の風味が日本人の好みに合うと思うんです」と西村さん。

かん水と塩、卵白粉を加えた生地を製麺機で延ばしてカットし、手もみでほぐすのがポイントだといいます。「かなり手間はかかりますが、ふわっとほぐれるあの感じは手作業ならではのものですから」。

f:id:mesitsu_la:20160728024535j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。