ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超絶技巧! パンチ・ブラザーズがスタジオ生演奏!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜14 時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。8月4日のオンエアでは、パンチ・ブラザーズをゲストにお招きしました!

パンチ・ブラザーズはアメリカ出身の5人編成バンド。その超絶技巧から「ブルーグラスミュージックのスーパーグループ」と呼び声も高い彼ら。日本での公演のため初来日中ということで、メンバー全員でスタジオに来てくれました。

最新アルバム「The Phosphorescent Blues」について聞いてみると「今回のアルバムでは、テクノロジーについて歌っているんです」との答えが。「このけやき坂スタジオから下を見ても、たくさんの人が携帯電話を持って、自分の携帯電話に向かっている状態というのは、世界中どこでもありますよね」と続けてくれましたが、それに対し坂倉が「ポケモンGOみたいに?」と相槌を打つと笑いが起きていました。

そして「『目の前に無いもの』よりも『今生きているこの空間を大切にしよう』という想い…私たちは、この2つの世界に生きていると思うので、それらの世界の幅や広がりについても歌っています」と明かしてくれました。

彼らのライブを実際に見た坂倉は「エネルギーが本当にすごい! ミュージカルを見ているよう」と感じたそうですが、クリスさんは、これからアメリカでラジオDJを行う予定があり、ゲイブさんは昔テレビ番組で演技をしていたこともあるそう。そんな多岐に渡る活動がパンチ・ブラザーズの表現の幅を広げているのかもしれません。

そして、なんとスタジオでは生演奏も披露してくれました! 演奏後、聞き惚れる坂倉に「今までもっと小さな所で演奏したこともあるので、それに比べたらこのけやき坂スタジオは、ラグジュアリーな場所ですね」と優しく話してくれました。

距離が縮まったのか、最後には坂倉に対し「パンチ・シスターズになってくれますか?」とコメントするパンチ・ブラザーズのみなさん。坂倉の答えは当然「オフコース!(もちろん!)」でした♪

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。