ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のデートは浴衣で決まり!旬のヘア小物と簡単アレンジテクニック

  • ガジェット通信を≫

花火大会や夏祭りなど、浴衣を着る機会が増えてきました。ステキな浴衣に合わせて、ヘア小物も可愛いものを新調したいですよね。…とはいえ、和装用の小物は、大きなコサージュや和柄のアイテムなど、普段使いしにくいのが悩みどころ。そこで今回は、浴衣に合うのはもちろん、デイリーにも使える最旬のヘア小物が大集合♪ さらに、3ステップで完成する簡単セルフアレンジもあわせてご紹介しちゃいます!

注目の「べっこう風アクセ」は、浴衣との相性100%!

レトロな浴衣に似合うのが、べっこう風デザインのヘア小物。クリアな質感には夏らしさもあり、つけるだけで涼しげな雰囲気に! ダイヤ型が並んだデザインで和っぽくなりすぎず、普段使いももちろんOK。

Lattice「べっこう風バレッタ」/各300円(税抜)

「べっこう風バレッタ」でヘアアレンジ!

<STEP1>

髪全体を上下の2ブロックに分け、それぞれサイドに寄せながら三つ編みを作る。ブロッキングしながらだとやりやすい

<STEP2>

三つ編みした髪を内側にくるっと丸め、ピンで固定。上下のバランスを見ながら、三つ編みのおだんごを2つ作るイメージ

<STEP3>

サイドにべっこう風バレッタをつけて完成! 色違いのバレッタを2つ並べてつけると、存在感もアップし横顔が映える♪

*こちらもオススメ!*

Lattice「べっこう風アクセ」各種

ポニー、パッチンピン、バレッタなど、各種べっこう風アイテムが入荷中。秋冬のべっこう風アクセは茶系が多いけれど、夏はこんな涼しげカラーで出かけたい!

べっこう風アクセ/各300円(税抜)

画像提供:Lattice

ビジュー、ストーン…etc.キラキラ「華奢アクセ」で大人顔に

紺や黒など、シックで大人っぽい浴衣とも好相性なのが、ストーンやビジューをあしらったキラキラ系のアクセ。特に今年は、髪の後ろ側につけるバックカチューシャが流行の兆し! 後ろ姿もぬかりなく、周りと差をつけられること間違いなしです。

Lattice「バックカチューシャ」/300円(税抜)

SMELLY「サンカクビジューヘアピン」/900円(税抜)

「バックカチューシャ」と「サンカクビジューヘアピン」でヘアアレンジ!

<STEP1>

髪全体をコテでゆるく巻いてから、サイドの髪を残して、低めの位置で無造作なシニヨンを作る。このとき毛先は逃がしておき、余った部分は根元にぐるりと巻きつけてピンで固定する

<STEP2>

サイドの髪をねじりながら、①で作ったシニヨンに向かって集め、ピンで固定する。反対側の髪も同じように、ねじって固定。くずれないよう、スプレーでキープしておくと◎

<STEP3>

シニヨン部分は飾りポニーで結ぶ。チェーンのバックカチューシャは鏡でバランスを見ながらつける。アクセントとして、ビジューヘアピンをサイドにつけて完成!

*こちらもオススメ!*

AneMone「バックカチューシャ」

シンプルな曲線が美しいバックカチューシャ。編み込みした後ろ髪につけるだけで、いつもと違う雰囲気に! 結婚式やパーティーでも使えそうな高級感あるデザインがうれしい。

バックカチューシャ/各1800円(税抜)

画像提供:AneMone

Lattice「バックカチューシャ」

両端をヘアピンで固定するだけでつけられる、チェーン系のバックカチューシャが人気沸騰中。ストーンやパール付きのデザインからモチーフ系まで、普段着の系統にあわせて好みを選んで♪

バックカチューシャ/各300円(税抜)

画像提供:Lattice

子どもっぽく見えないのに、盛れる! おだんごヘアに似合うアクセ

浴衣の定番ヘアといえば“おだんご”のアップスタイル。でも、おだんごヘア×和柄のコサージュは子どもっぽく見えがちだし、かといって何もアクセをつけないのも寂しい…。そこでこそ、普段使いできるヘア小物が便利! 大きめビジューのバレッタをつければ、盛れるのに大人っぽさも演出できます。

AneMone「贅沢デコの透かしリーフバレッタ」/各3900円(税抜)

「リーフバレッタ」でヘアアレンジ!

<STEP1>

サイドのおくれ毛だけを残しておき、高い位置で髪全体を結ぶ。このとき、全ての髪をゴムに通さず、毛先を残した状態にしておく

<STEP2>

残した毛先を根元にぐるりと巻きつけて、ピンで固定する。バランスを調節しながら、ところどころ毛束を軽く引き出して、おだんごのシルエットを整えると◎

<STEP3>

サイドのおくれ毛をコテで巻き、全体をスプレーでキープ。最後に、おだんごの根元あたりにバレッタをつけたら完成!

*こちらもオススメ!*

AneMone「つまみ細工の花コーム」

コサージュのように主張しすぎず、でもしっかりと華やかさをアピールできる大人の花アクセ。おだんごの縁に添えるだけで、おしとやかで優美な後ろ姿に。

つまみ細工の花コーム/各3800円(税抜)

画像提供:AneMone

いかがでしたか? 普段も浴衣にも使えるかわいいヘア小物があれば、この夏のお出かけがいっそう楽しみになりそうですね! 紹介したヘアアレンジも、難しいテクいらずなのに凝って見えると評判♪ ぜひトライしてみてください!


(今回紹介した商品)

・べっこう風アクセ/各300円(税抜)

Lattice公式サイト べっこう風アクセ紹介ページ

・サンカクビジューヘアピン/900円(税抜)

URBAN RESEARCH公式サイト サンカクビジューヘアピン紹介ページ

・バックカチューシャ/各1800円(税抜)

AneMone公式サイト バックカチューシャ紹介ページ

・バックカチューシャ/各300円(税抜)

Lattice公式サイト バックカチューシャ紹介ページ

・贅沢デコの透かしリーフバレッタ/各3900円(税抜)

AneMone公式サイト 贅沢デコの透かしリーフバレッタ紹介ページ

・つまみ細工の花コーム/各3800円(税抜)

AneMone公式サイト つまみ細工の花コーム紹介ページ

※掲載商品は在庫状況により、売り切れの場合がございますのでご了承ください。

モデル/藤田かんな

取材・文/池田香織(verb)

撮影/澤村大輔

ヘア&メイク/貞廣有希

関連記事リンク(外部サイト)

着崩れの応急処置を覚えて、「浴衣美人」をキープ!【動画付き】
今年の夏こそ自分で着付け! 浴衣をキレイに着るテクニック【動画付き】

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP