ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキュメンタリー映画『Live Fast Draw Yung』まで公開されている。彼は今10歳である。7月に東京・福岡へもやってきた。

ブラックカルチャーのアイコンや、名だたるHIP HOPレジェンドのレコードジャケットをイラストにしては、描かれた本人たちの心を次々に掴む。一体何者?まずは作品を幾つか。








20代・30代のHIP HOPファンに刺さるモチーフを忠実に。ヘタウマで無邪気な少年性が、対照的とも言えるオリジナルの雰囲気とむしろマッチ。

イラストレーターの父親に基礎を教わったという彼。とはいえ、ほとんど自己流だそうだ。多忙を極めるビッグな大人たちが、こぞって彼にアドバイスを送りたくなってしまうのも、そんな“余白”に魅力があってのことかも。

ロサンゼルス展は、
レイクウォンとご一緒!?


Complex」によれば、初の展示となったニューヨーク展には、本人が参加できなかった。理由は“寝る時間だったから”。当時6歳なのだから仕方がないといえば仕方がない。

2度目の展示はロサンゼルスで。ウータン・クランのレイクウォンとともに行動し、どんなマーカーを使ったら良いのかなどアドバイスをもらっていたという。アクション・ブロンソンのショーへ連れて行かれたときには、口をあんぐりと開けて驚いていたみたい。

ってな具合で、キャムロンやクール・キースなど、すでに多くの著名ラッパーを「Uncle(おじさん)」と呼んでは、その張本人たちに可愛がられている。

E-40 ※「フォーティーウォーターおじさん」と呼んでいるらしい。

Kool Keith

CULTCLUB」では、プリントT、パーカなども展開中。作品だって射程圏内の価格だ。Dr. Dreやビースティー・ボーイズに、ノトーリアス・B.I.G.、そのほかマイク・タイソン、マイケル・ジャクソン、マイケル・ジョーダン、バッド・ブレインズも。

10年後には買えない価格になってるかも。

Reference:Complex,CULTCLUB
Licensed material used with permission by Yung Lenox

関連記事リンク(外部サイト)

屋外映画祭に行こう。
ファレル・ウィリアムス制作指揮。映画『DOPE/ドープ!!』が7月30日に公開。その音楽に注目!
近日国内で見れる海外アーティストで「トロピカルハウス」をおさらい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP