体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。

Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキュメンタリー映画『Live Fast Draw Yung』まで公開されている。彼は今10歳である。7月に東京・福岡へもやってきた。

ブラックカルチャーのアイコンや、名だたるHIP HOPレジェンドのレコードジャケットをイラストにしては、描かれた本人たちの心を次々に掴む。一体何者?まずは作品を幾つか。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。

20代・30代のHIP HOPファンに刺さるモチーフを忠実に。ヘタウマで無邪気な少年性が、対照的とも言えるオリジナルの雰囲気とむしろマッチ。

イラストレーターの父親に基礎を教わったという彼。とはいえ、ほとんど自己流だそうだ。多忙を極めるビッグな大人たちが、こぞって彼にアドバイスを送りたくなってしまうのも、そんな“余白”に魅力があってのことかも。

ロサンゼルス展は、
レイクウォンとご一緒!?

HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。
HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。