体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【蚊よバイバイ】1本51円?! 好きな香りで作れるコスパ最強の虫よけスプレー

コスパ最強の虫よけスプレー01
ブーン……ブーン」と、嫌~な虫のアイツ、蚊が登場する季節。夏、学校行く時や外で働くイベントバイトなどは特に刺されやすいですよね。

蚊に刺されてしまうと、とってもかゆい! その上に大きく腫れ上がってしまうことも。冬まで痕に残ってしまったりと、夏の迷惑者。

実はこの“蚊”、嫌いな香りがあって柑橘系やハーブの香りが苦手だといわれています。市販の虫よけスプレーもありますが、匂いがキツイ。そこで、オーガニックの体に優く香りがいいものが簡単に作れることを発見。早速作ってみることにしました。

用意するもの

■用意する物(虫よけスプレー50ml分)
・エタノール … 5ml ※小さじ1
・アロマオイル … 10滴(レモングラスを使用)
・精製水 … 45ml
・スプレー容器(12ml・香水用遮光ボトルを使用)
※5ml以下の計量が難しいので、少量作るにはこのレシピが無難。
 

今回の費用ですが、

エタノール100ml(薬局で購入):280円
アロマオイル(ショップで購入):1200円
精製水500ml(薬局で購入):90円
遮光ボトル(100円均一で購入):108円

合計:1,598円となりました。アロマ以外はお安い印象。

虫よけスプレー作り50ml分と、容器1回分の費用はいかに?

さて、1本いくらくらいで作れるものなのでしょうか? 計算してみます。

・エタノール … (10ml)100ml入が280円なので、5ml⇒14円
・アロマオイル …(1回 10滴)10ml入り 1200円なので、1滴→0.05ml 10滴→0.5ml⇒60円
・精製水 … (45ml)500mlで90円の精製水を45ml使用⇒約8円
・スプレー容器 … 108円(12ml・香水用遮光ボトルを使用)
 

計算してみると、28円+60円+8円+108円=204円(50ml約4回分)

1ボトル(12ml)分は、約51円!

使用するオイルはお気に入りの香りをチョイス

コスパ最強の虫よけスプレー15
アロマオイルを取り扱っているショップへ行くと種類がたくさんあるので好きな香りを選べます。近所の雑貨屋さんなどを探してみてね。

コスパ最強の虫よけスプレー02
虫よけに効果があるアロマは、シトロネラ、ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)、ゼラニウム、レモングラス、ラベンダーあたり。ゼラニウムはローズの香りがすると言われており、贅沢リッチな気分に。レモングラスは柑橘系のさっぱりした香りが特徴。

アロマはブレンドしても、1種類でもOK。お店でサンプルの香りをチェックできるので、クンクン嗅いで好みのものを選びます。今回は夏にさっぱり、レモングラスの香りを購入。

オーガニックな虫よけスプレー既製品はいくらくらい? 探してみた

 
既製品の体に優しい虫よけスプレーの金額を調べてみてもらえますか?」とタウンワークマガジン編集部さんからの依頼。薬局やスーパーを探し歩いてみます。

季節コーナーや売り場をのぞいてみましたが、
オーガニックタイプの虫よけスプレー……

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。