ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオ五輪 男子陸上400mリレーは日本史上最強チーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リオデジャネイロ五輪の中で最多種目を誇るのが陸上競技だ。100mやマラソン、走り高跳びなど、男子と女子合わせて47種目もある。しかし、前回のロンドン五輪で、日本が獲得したメダルは、男子ハンマー投げの室伏広治の銅メダルのみだ。

『オリンピックと商業主義』(集英社新書)著者でスポーツライターの小川勝さんは、4人の選手が100mずつ走る男子400mリレーが見どころと話す。

「メンバーはまだ正式に決まっていませんが、ケンブリッジ飛鳥選手、山縣亮太選手、桐生祥秀選手の3選手は間違いなく選ばれます。この3人は、100mにも出場します。残りの1人は、200mに出場する飯塚翔太選手か高瀬慧選手のどちらかでしょう。

 このチームは日本史上最強といっていい。オリンピックイヤーの自己ベストタイムを合計した場合、日本の五輪史上最も速いチームです。この競技は、2008年の北京五輪で銅メダルを獲得しましたが、今大会でもメダルをねらえます」

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
リオ五輪水泳 男子400m個人メドレーで日本メダル2枚も?
アーチェリー銅の早川 「帰化しなければ金」と韓国人が皮肉
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP