ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘイトスピーチ 「街頭パフォーマンス」から次なる闘争に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2006年に誕生し、在日朝鮮人の「特別永住資格」や「通名使用」(*注)を“特権”と訴えてきた在特会(在日特権を許さない市民の会)は、“ヘイトスピーチ”と呼ばれる差別的なデモ活動が社会問題と化していた。こうした行動へのカウンターとして結成されたのが「しばき隊」だ。ヘイトスピーチ対策法施行など新たな動きもあるなか、両団体の現在を追った。

【*注/「特別永住者」とは戦前から日本に在留する韓国人・朝鮮人・台湾人の「入管特例法」を根拠とする法的地位である。彼ら在日外国人は、本名とは別に、日本国内で通用する「通名」の使用を許されてきた。】

 在特会前会長・桜井誠氏が6月に出版した『大嫌韓日記』(青林堂)は、ほぼ全編にわたって、しばき隊への悪口雑言で占められている。同書によれば、しばき隊とは暴力をちらつかせては愛国者に脅しをかけるチンピラ集団だという。しばき隊に向ける憎悪の激しさは十分に伝わってくる。無理もない。在特会を「つぶす」と公言してきたしばき隊は、まさに天敵以外のなにものでもないはずだ。

 一方のしばき隊は、正式名称が「レイシストをしばき隊」。文字通り、レイシスト=差別主義者集団を「しばく」ことを目的に、2013年1月に結成された。呼びかけたのはフリー編集者の野間易通氏。「隊員募集」の告知をネット上で行い注目を集めた。当時の告知サイトには次のような記述がある。

〈(在特会は)デモの前後に近隣の店や通行人に暴言を吐いたり、いやがらせをしたり、ときには暴行を働く場合があります。「しばき隊」の目的は、彼らが狭い商店街でそうした行動に出た場合にいちはやく止めに入ることです〉

 実際、初期のしばき隊はデモ現場の「表」に立つことはなく、メンバーは路地裏に潜み、在特会が“お散歩”と称する示威行為に参加した在特会員を取り囲んで“説教”するといったことに注力していた。ちなみに結成メンバーは、野間氏同様、反原発運動に参加していた者、音楽・出版関係者が多かったという。その後、反在特会の運動が盛り上がり、一般の“カウンター”参加者としばき隊との区別が難しくなる。

「それこそがまさに野間氏の戦略でもあった。誰がしばき隊であるのかを曖昧にすることで、実際は数十人程度の勢力を必要以上に大きく見せた」(関係者)

 在特会などがカウンター参加者そのものをしばき隊と称しているのは、まさにそうした「戦略」に乗せられた結果にほかならない。

 実は結成から半年程度でしばき隊は解散している。現在は「C.R.A.C.」(対レイシスト行動集団)と名称を変え、カウンター活動のみならず、国会、地方行政へのロビーイングなどに力を入れている。

 先の国会で成立した「ヘイトスピーチ対策法」もまた、こうしたロビーイングの成果のひとつだといわれている。しかしいまだに「しばき」といった名称から連想される暴力的なイメージは消えない。

 実際、街頭における在特会との“抗争”で逮捕者を出したり、最近でも仲間内での暴力を伴ったトラブルがネット上で話題となった。在特会もしばき隊も「どっちもどっち」という見方をする向きは少なくない。

 野間氏に、この点について取材を申し込むと、「イメージや印象といったものについては、とくに気にしていません」「(今後も)ヘイトスピーチやヘイトクライムを減らすために活動を続けます」との回答だった。

 一方、対策法成立によって、在特会にもかつての勢いはない。動員力は低下し、いまや活動も休止状態にある。桜井氏の都知事選立候補は、そうした逆風を跳ね返し、舞台を「政治の場」に移行させるための試みであったとも言われる。

 在特会に取材を申し込むと、「特に大きな影響はない。法案を曲解し、在特会の現状を知らないしばき隊などが、暴れる口実にしているだけ。桜井氏の立候補には直接の関係、影響はない」。

 どちらにとっても街頭パフォーマンスの時代ではなくなった、ということか。

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
在日外国人を罵るネット愛国集団「在特会」の内実に迫った書
「死ね」「殺せ」叫ぶ嫌韓デモ 「もはや参加者の娯楽」評も
安田浩一氏「在特会は崖っぷち状態まで追い詰められている」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。