ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パニック!アット・ザ・ディスコが「ボヘミアン・ラプソディ」スタジオver.を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パニック!アット・ザ・ディスコは何年もの間、コンサートでクイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をカバーしてきたが、今年6月に発表された映画『スーサイド・スクワッド』サウンドトラックの収録曲リストでは、そのスタジオ・バージョンが提供されることが明らかになっていた。そして8月4日、ついに同曲がApple Musicのラジオステーション、Beats 1のZane Loweの番組で公開された。

 『スーサイド・スクワッド・サウンドトラック(Suicide Squad: The Album)』は外盤が現地時間5日にリリース(日本盤は24日)され、デヴィッド・エアー監督による映画の方も同じ日に全米で公開(日本公開は9月10日)される。

 なお、パニック!アット・ザ・ディスコがここ数年、ライブのセットリストに組み込んでいるのは「ボヘミアン・ラプソディ」だけではない。「Positive Hardcore」も近々、しゃれたサウンドトラックに収録されることを期待したい。

◎World Record: Panic! At the Disco – “Bohemian Rhapsody”
https://itunes.apple.com/us/post/idsa.12a72435-5a61-11e6-961e-b2f5550ee5d4

関連記事リンク(外部サイト)

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」発表から40年、ブライアン・メイが回想
【米ビルボード・アルバム・チャート】パニック!アット・ザ・ディスコがNo1デビュー、アデルは2位停滞
デヴィッド・ボウイを称えパニック!アット・ザ・ディスコ、収益をがん研究へ寄付

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP