ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画館での夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』連日大入りにつきアンコール上映決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月23日から8月5日までの2週間に渡ってライヴ映像、ロックな映画、ドキュメンタリー映画など22本の作品が映画館で楽しめる”音楽映画”の夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』は連日大入りにつき、急遽8月13日から26日までのアンコール上映が決定した。

 アンコール上映は全14回を予定しており、作品は『シネ・ロック・フェスティバル2016』にて、世界に先駆け日本で公開されている、2009年7月24日のフジロックフェスティバル初日、グリーン・ステージのヘッドライナーを務めたオアシスのライヴ映像『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』が上映される。

 オアシスは、このフジロックフェスティバルの約1カ月後にノエル・ギャラガーが脱退を表明し、バンドはその活動にピリオドを打った。そのため、ノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ日本における最後の貴重なライブ映像となっている。

◎シネ・ロック・フェスティバル2016 アンコール上映
上演作品:『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』
公開劇場:丸の内ピカデリー
上映日:2016年8月13日(土)~8月26日(金)1日1回限定上映
料金:入場券2,500円(税込)※全席指定・日時指定
チケット:丸の内ピカデリー劇場窓口及び、公式サイトにて発売予定
詳細は決定次第、丸の内ピカデリー公式サイトにて発表:http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
上映時間: 約100分
配給:ローソンHMVエンタテイメント、カルチャヴィル
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、SMASH
公式サイト:www.cinerockfes.com

関連記事リンク(外部サイト)

映画館での夏フェス 『シネ・ロック・フェスティバル2016』 のヘッドライナーが、オアシスに決定
ジョニー・マー参加のノエル新曲MVが公開!4月追加公演チケットは1/17一般発売
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、武道館初日終了! 本日最終公演直前にその見どころをお届け

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP