ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、ニューシングル「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」発売記念イベント完遂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

名古屋のアイドル・チームしゃちほこが、シングル「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」発売日となる8月3日に、地元名古屋のオアシス21にてフリーライブを開催し、同曲を初披露した。また、8月4日の神奈川・川崎クラブチッタでのライブイベントでは「眠れないナイNIGHT!」を初披露した。

フリーライブの1曲目から当日発売となった新曲「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」を披露し頭からボルテージが最高潮に。

更にこの日は坂本遥奈から「2013年からの夏曲を選んだ”夏セトリ”でガンガン盛り上がっていきましょう!」とのあおりとともに、「よろしく人類」(2014年発表)・「じりじり夏活委員会」(2015年発表)・「サマラバ」(2013年発表)・「夢の途中」(2015年発表)と夏をテーマにした楽曲・チームしゃちほこの夏と深く結びついた楽曲が披露された。「サマラバ」では、会場を訪れていたCBCラジオで放送中のレギュラーラジオ番組「ごぶれいしました!」で共演するなど親交の深いアナウンサー・永岡 歩をスタッフが無理やりステージに引っ張り上げて、メンバーと歌い上げるというサプライズも。

そしてラストにはシングルの通常盤・初回限定盤Cに収録されている「最上級の愛の言葉」を披露。ライブ後には、当日昼間に放送されたLINE LIVEの人気番組「さしめし」で秋本帆華が共演した芸人・永野から、1か月限定で本人公認のもと、チームしゃちほこが借りる事となった持ちネタ、「ラッセンがスーキー!」をメンバー全員で早速披露して発売日のフリーライブを締めくくった。

翌日の川崎クラブチッタでのライブイベントでは「乙女受験戦争」「J.A.N.A.I.C.A.」「抱きしめてアンセム」といったライブ鉄板曲に加えて、新曲「眠れないナイNIGHT!」を初披露し会場を盛り上げた。更にアンコールで行われた「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」では光るボールやサイン入りボールに加えて、水がメンバーからまかれるなどライブハウスならではな激しいパフォーマンスを披露し、集まった1,000人のファンと、LINE LIVEでの同時生放送をみた43万を越える視聴者数を盛り上げた。

チームしゃちほこ“VICTORY YEAR ROAD to笠寺”特設サイト
https://team-syachihoko.jp/roadtokasadera/

チームしゃちほこ「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」発売記念 FreeなEvent
2015年8月3日(水)オアシス21
セットリスト

出囃子
1.エンジョイ人生
2.ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
3.よろしく人類
4.じりじり夏活委員会
5.サマラバ
6.夢の途中
7.いけいけハリウッド
8.勝手にハイブリッド
9.抱きしめてアンセム
10.最上級の愛の言葉

チームしゃちほこ「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」発売記念 Live HouseなEvent
2015年8月4日(木)川崎クラブチッタ
セットリスト

出囃子
1.乙女受験戦争
2.J.A.N.A.I.C.A.
3.Chérie!
4.ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
5.眠れないナイNIGHT!
6.いいくらし
7.いただきニッポン!〜おみそれしましたなごやめし〜
8.抱きしめてアンセム
9.Wow Oh!Oh!
10.最上級の愛の言葉
En: ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL

関連リンク

チームしゃちほこ オフィシャルサイトhttp://team-syachihoko.jp/
チームしゃちほこ Twitterhttps://twitter.com/syachi_staff
チームしゃちほこ Ustreamチャンネル「SyachihokoTV」http://www.ustream.tv/channel/syachihokotv
チームしゃちほこ YouTubeチャンネル「SyachihokoCH」http://www.youtube.com/syachihokoch

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP