ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

畜肉系と魚介系の旨みが味わえる!「ご当地最前線 青森津軽 濃い煮干し中華そば」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラーメンの消費量が全国でもトップクラスの青森県には、津軽ラーメンをはじめ、青森ラーメン、八戸らーめん、下北半島ラーメンなど多くのご当地ラーメンがある。中でも津軽ラーメンは煮干や焼干でとった出汁に醤油を入れたスープと、細くちぢれた麺が特徴で、根強い人気がある。

今回ご紹介する8月8日にエースコックから発売される「ご当地最前線 青森津軽 濃い煮干し中華そば」は、津軽ラーメンの最前線を再現したカップラーメン。

同製品のスープは、津軽ラーメンで使われる煮干しの他に、ポークを加えた醤油スープで、畜肉系と魚介系の旨みがしっかり味わえる。また、液体スープが付くことで、旨みがある醤油と濃厚な煮干しが際立つ。

細くちぢれた麺が特徴の津軽ラーメンだが、同製品では、角刃の太めんを採用。適度に味付けした角刃の太めんは、スープとの相性も良く、滑らかな舌触りと程よい弾力がある。太めんだけあって湯戻し時間は5分に。赤や黒、金色で彩られたパッケージは、高級感や本格的な美味しさが醸し出されている。

同製品がラインナップされる「ご当地最前線」シリーズは、不動の人気を誇るご当地ラーメンがテーマ。青森県内には色々なご当地ラーメンがあるが、ラーメンファンが多い津軽ラーメンの最前線を同製品で再現した。

青森県に行かなくても、手軽に津軽ラーメンの最前線が味わえる同製品をぜひ味わってみたい。

エースコック
http://www.acecook.co.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP