ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15分で取得!ハワイは不要?この夏は国際免許で一味違った海外旅行を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行の際、やっぱり気になる移動手段。パック旅行なら添乗員さん付きで、ホテルから目的地まで送迎があり、名所も回ってくれて大変便利。

 


Lightning(ライトニング)
Fujisan.co.jpより

 

しかし、「それだとちょっと予算が…」という人は、お得で自由に行動できる中抜きパック旅行で、それぞれが考える良好を楽しんでいるんだと思います。それでも、今度は“電車”や“バス”を使った移動が不安だったり、公共の移動手段じゃ、たどり着きにくいスポットもあったりします。

 

そんな時に、パック旅行と中抜き旅行の両方の良い面を最大限に活かせるのが“レンタカー”ではないでしょうか?

 

行きたいところにダイレクトで行けるので“時短”にもなり、安い中抜き旅行なら“節約”にもなります。なにより、海外でのドライブをするというちょっと自慢できちゃう珍しい“思い出作り”にも!

 

そんなレンタカーを使って有意義な旅行にする第一歩“国際免許の取得”についてお話ししたいと思います!

 

あなたの運転免許証で世界約100ヶ国で車に乗れる!

警視庁HPより

 

まずは、国際免許とは何なのか?国際免許とは、「日本が加盟しているジュネーブ条約に基づいて各都道府県の公安委員会が発行するもので、条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認め合うもの」と国際免許ガイドに記載されています。

 

日本での運転免許証を持っていること大前提ですが、その免許証があれば98ヶ国もの国々で自由に車を運転することが出来ます。(写真は申請の際にもらえる冊子。ちなみに、ここには記載がないスイス、ドイツも国際免許で運転することができます。)

たった15分で国際免許の交付が可能!

私実際に免許の申請をするために、神田にある神田運転免許更新センターに行ってきました。平日だったこともあり、割と空いていたので写真を撮る時間も入れて、手続きから交付までにかかった時間はたった15分程度でした。

 

免許証同様に、国際免許にも顔写真は必要となっていて、写真がない場合でも、館内、受付の目の前にある写真機があるので安心です。その時間を含めても大体15分程度で申請を終わらせることができます。

 

そして、金額ですが…都道府県により違っているそうですが、私が申請した東京都(神田運転免許更新センター)では、2400円でした。

 

免許申請代:2400円+写真代:700円=3100円

 

これだけです!

簡単ですよね?都内の試験所、免許センター、警察署でも申請はできるので、「ちょっと変わった海外旅行が楽しみたい!」「ガイドブックには載ってない自分だけのお気に入りの場所を探したい!」と考えている方は、国際免許を取ってから海外に出かけてみるのはいかがですか?

 

ちなみに、ハワイでは国際免許がなくても、日本の免許証とクレジットカードだけでも運転できるようです。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP