ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【夏のオススメ観光♪旭川編】 空気もラーメンも最高に美味しい!旭川へレッツゴー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏をエンジョイするには、やっぱり旅!!

魅力的な観光スポットで溢れる旭川は、眩しい夏をあなたらしく満喫できる場所かも!?

旭山動物園で愛らしい動物に会ったり、気持ちいい空気と景色に包まれてのんびりしたり、北海道グルメを堪能したり♪

お友達、家族、恋人と…旭川で夏の思い出の1ページを!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

旭川市旭山動物園

日本最北の動物園。動物にとって快適な空間を作り出し,動物が本来持っている生態・行動を引き出して見てもらうという「行動展示」の手法で,一躍全国的に有名に。その後,月間入場者数で東京の上野動物園を抜くなど,皆様に大変ご愛顧いただいております。

●水中でぺんぎんが飛ぶように泳ぐ姿を見られる「ぺんぎん館」,●マリンウェイと呼ばれる水中トンネルを泳いで上下する姿が見られる「あざらし館」,●ほっきょくぐまのダイブが見られる?かもしれない「ほっきょくぐま館」,●モグモグタイムには地上17mでの空中散歩(綱渡り)が見られる「おらんうーたん館」,●ヒョウの昼寝が頭上に見えるなど,ライオン・トラ・ヒョウなどが間近に見られる「もうじゅう館」,●樹上生活者のクモザルと水中生活者のカピバラを同じ施設に同居させ混合展示を行う「くもざる・かぴばら館」,●巨大遊具で自由に遊ぶ姿が見られる「チンパンジーの森」●樹上生活者としての習性が引き出され上手な木登りを見ることができる「レッサーパンダの吊り橋」など,人気施設が盛り沢山です。平成20年には「オオカミの森」が新たに仲間入りしました。

\口コミ ピックアップ/

行く度になにかしら、展示が変わってて楽しめます。夏休みと言っても、平日だったためか人気の動物もそんなに混んでなくゆっくり見ることがでました! 動物園の周りに、オシャレなカフェも出来てて、素敵な時間を過ごせました! 旭川市旭山動物園

住所/北海道旭川市東旭川町倉沼

TEL/0166-36-1104

「旭川市旭山動物園」の詳細はこちら

上野ファーム

上野ファームは1906年に北海道に入植した米農家でした。農場を魅力的にしようと、周辺に花を植え始めたことをきっかけに家族で庭づくりをはじめて、公開しています。ガーデンは英国式をベースにした宿根草中心の庭で、北海道の気候にあわせた花たちが四季の庭を彩ります。北海道の気候、風土がつくりだす庭を「北海道ガーデン」と名付け全国へ発信しています。敷地内には苗を購入できる苗屋やギフトやガーデン雑貨を扱うショップなどもあり、古い納屋改装したNAYAcafeでは地元の素材を生かしたフードやデザートを楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/

行く度癒される素敵なガーデンです。

毎年何度も行くのでパスポートを買っています。

道外の友人を連れて行くととても喜ばれます。

売っている雑貨も可愛くて見るだけでも楽しいですよ~ 上野ファーム

住所/北海道旭川市永山16丁目186番

TEL/0166-47-8741

「上野ファーム」の詳細はこちら

雪の美術館

北国旭川ならではの雪をテーマにした美しいファンタジックな美術館。雪をイメージしてつくられた美しい建物内部には、数多くの雪の結晶写真や幻想的で演奏会や結婚式などが開かれる音楽堂、氷の回廊などがあり、冷たく美しい雪の魅力を体と心で感じることができます。技術を駆使してつくられた「氷の回廊」では、真夏でも-20度の氷の造形美をガラス越しに見ることができ、雪の舞い落ちる様子をイメージして作られたクリスタルルームなど、幻想的な冬の美しさを通年にわたって鑑賞する事ができます。

\口コミ ピックアップ/

アナ雪人気で人気が出たと聞きました。雪の結晶や氷の展示物など綺麗でファンタジーな世界観で楽しめます。女の子のお子さんはアナ雪の衣装を着て写真撮影ができるそうです。 雪の美術館

住所/北海道旭川市南が丘3丁目1-1

TEL/0166-63-2211

「雪の美術館」の詳細はこちら

旭川市科学館サイパル

「北国」「地球」「宇宙」の3つのコーナーに分かれ,楽しみながら科学を学び,体験できます。

●「北国」コーナー 北国の自然現象の不思議をテーマに,雪の結晶や気候のメカニズムを学ぶことができます。展示物:「北国の動物はなぜ大きくなるか」「極寒の惑星」「ナダレンジャー」など ●「地球」コーナー 地震や雲の発生など地球の様々な自然現象や,人体の仕組み,生命の発生,人類の進化を紹介するほか,光や磁気,運動などの科学原理を体験しながら学ぶことができます。展示物:「地震体験」「人類の進化」「ジャンボシャボン」「錯覚の部屋」など ●「宇宙」コーナー 体験やクイズで月の満ち欠けなど身近な原理から広大な宇宙の様子までを学ぶことができます。展示物:「宇宙ゴマ」「ムーンジャンプ」「宇宙クイズ・スペース」「宇宙旅行」など
その他,直径18mのドームを有するプラネタリウム,口径65cmの反射大型望遠鏡と口径20cm屈折望遠鏡を設置している天文台などを備えております。

\口コミ ピックアップ/

大きなシャボン玉の中に入ったり,自転車をこいで扇風機を回したり,影を撮影してもらったり,科学の世界にどっぷり浸かれて子どもだけでなく大人も楽しい場所だった。あれで小中学生無料とは。子どもの好奇心・探求心を地域ぐるみで育てていこうとしておられる旭川市,恐るべし。あんな施設が近くにあればと,とても羨ましかった。月面ジャンプ疑似体験やロボットサッカーなど,行列が長く体験できなかったのが残念。ある程度時間を取って行かれることをおすすめしたい。 旭川市科学館サイパル

住所/北海道旭川市宮前通東(北彩都あさひかわシビックコア地区)

TEL/0166-31-3186

「旭川市科学館サイパル」の詳細はこちら

神居古潭

石狩川が上川盆地から石狩平野に流れ出る境に位置するこの渓谷は,アイヌ語で「カムイ(神)コタン(集落)」と呼ばれ,古くよりアイヌの人々の聖地とされてきました。峡谷を形成する緑泥片岩は1億年以上という気の遠くなるような長い年月をかけて石狩川の流れによって浸食され,アイヌの人々の伝説に登場する奇岩やおう穴群(天然記念物,日本の地質100選にも認定)を形成しました。

急激に川幅が狭くなるため流れが激しく深く,かつては行き交う舟がよく転覆し,アイヌの人々は峡谷に住む魔神の仕業と恐れていたようです。 また,この地域は市内有数の景勝地としても知られています。かつては交通の難所でしたが,現在は国道もあり,その脇道に架かっている吊り橋から,かつて鉄道が通っていた対岸に渡ることができます。悠久の時の中で形成された峡谷が,春の桜,夏の緑,秋の紅葉,冬の雪などに美しく彩られる姿は,私達の目を一年中楽しませてくれます。

さらに,アイヌ以前の人々の集落跡である「神居古潭竪穴住居跡」(北海道指定文化財史跡)や明治43年の建設当時の姿をそのまま残しているホームやSL機関車3両,駅舎(復元)が展示されている国道対岸の「旧神居古潭駅舎」など,アイヌ以外でこの地域に関わった先人達の生活の一端を垣間見ることができます。

\口コミ ピックアップ/

川の流れがゆたっりで、橋の上からの眺めが良いです。また、旧函館本線の神居古潭駅と、保存されている蒸気機関車が周辺の風景と一緒になり、散策するにはとてよい雰囲気です。 神居古潭

住所/北海道旭川市神居町神居古潭

TEL/0166-23-0090

「神居古潭」の詳細はこちら

西神楽就実の丘

旭川西神楽地区で、旭川空港の南東に広がる丘陵地を「就実の丘」といい、口コミや雑誌の紹介などで、その知名度を上げている注目の景勝地です。広大な丘陵地の他にもジェットコースターのようなアップダウン道路、旭川市街遠景、大雪山連峰・十勝岳連峰を一望できます。丘陵地としては隣接する美瑛が有名ですが、この就実の丘も美瑛に勝るとも劣らぬ魅力を持っています。

国道から離れ、周辺は農地で観光地として整備されていないことから、トイレ、駐車場、売店などは一切ありませんが、その分静かなロケーションにひたることができるので、騒々しい人工の音に邪魔されず、鳥のさえずりや風など自然の音を楽しみたい方には最適です。春夏秋冬はもちろんのこと、夜明け、夕暮れ、星空など1日のうちに千差万別にその表情を変化させ、何度訪れても皆さんを飽きさせることのない美しい景観をお楽しみください。また、最近では本州からの修学旅行で訪れる学生さんも増えております。

\口コミ ピックアップ/

ジェットコースターみたいにアップダウンの道で眺めも最高!美瑛の丘などが有名ですが、また違って人も少ないし素人でも良い写真が撮れるポイントがいくつもありますよ。

昼時に行きましたが夕日の時間にも行ってみたいですね!オススメです! 西神楽就実の丘

住所/北海道旭川市西神楽4線31号

TEL/0166-23-0090

「西神楽就実の丘」の詳細はこちら

嵐山展望台

「嵐山神居自然休養林」の中にあり,嵐山陶芸の里の方面から北邦野草園を徒歩で登っていくと約30分ほどで辿り着けます。また,自動車でも展望台の近くまで行けますが,道が狭いため大型バスなどでの移動は困難です。 展望台からは旭川や道央自動車道を一望でき,天気が良い日は大雪山系まで見晴らす事ができます。夜景や花火見物のスポットとしても市民に知られています。かの岩村通俊卿が国見を行ったと言われる近文山も隣接しております。

\口コミ ピックアップ/

旭川の夜景スポットで有名。暗く細い山道を進むと、広々とした駐車場。

その上には、展望デッキもあり、ロマンチックなひと時を過ごす事が出来ます。 嵐山展望台

住所/北海道旭川市江丹別町嵐山公園内

TEL/0166-23-0090

「嵐山展望台」の詳細はこちら

三浦綾子記念文学館

代表作「氷点」を発表した旭川在住の作家三浦綾子さんの文学と人生の歩みをたどる文学館。展示室は「ひかりと愛といのち」をテーマに第1から第5までの計5室で構成され,生原稿、文学作品などを展示しています。図書室,資料室,喫茶室なども備えた,変形12面体の美しい建物が、「氷点」の舞台となっている外国樹種見本林内にたたずんでおります。ぜひ一度ご来観下さい。

\口コミ ピックアップ/

旭川に行くたびに必ず立ち寄るスポットです。三浦綾子さんのファンはもちろんのこと、小説を一冊でも読んだ方なら是非訪ねるとよい場所です。三浦さんの歩んだ道を丁寧にわかりやすく展示していますが、記念文学館を包むように存在する「見本林」はゆっくり歩くだけで、心が落ち着きます。また、作品に登場した場所を紹介するウォーキングマップを見ながら、旭川の街を愉しむのもおすすめです。「ちろる」という珈琲店は歴史を感じる建物ですので、散歩の途中で立ち寄り、おいしいコーヒーで一服するのもいいですよ。 三浦綾子記念文学館

住所/北海道旭川市神楽7条8丁目2-15

TEL/0166-69-2626

「三浦綾子記念文学館」の詳細はこちら

成吉思汗 大黒屋

炭火焼き特上生ラムジンギスカン

\口コミ ピックアップ/

北海道と言えばジンギスカン。その中でも旭川の大黒屋のジンギスカンは「生肉」を使用し、七輪でジュージュー焼いて食べる味は旭川生まれの私もビックリするほど美味しいです。旭川に来た際には、是非立ち寄ってください。本店と直ぐ近くに支店もあります。 成吉思汗 大黒屋

住所/北海道旭川市4条通7丁目

TEL/0166-25-2424

「成吉思汗 大黒屋」の詳細はこちら

みそラーメンよし乃本店

濃厚味噌とモヤシ、ニンニクの効いた味が◎

\口コミ ピックアップ/

本店はさすがというおいしさがあります。少し辛めの味噌。濃厚です。なによりもやしの多さが凄い。麺は旭川麺です。早めに麺をほぐしてスープに絡ませておいてから食べるのが私流です。

美味しいラーメン。旭川は醤油がメインですが、歴史ある味噌ラーメンはここですよ。 みそラーメンよし乃本店

住所/北海道旭川市豊岡1条1丁目1-8

「みそラーメンよし乃本店」の詳細はこちら

らーめん山頭火 本店

旭川を代表するラーメン店!

\口コミ ピックアップ/

内地の父親、兄夫婦と5人で寄らせてもらいました。兄夫婦のリクエストで、北海道の美味しいラーメンが食べたい。と言う事で、関西・四国・九州にもチェーン店の有る当店本店で、私おすすめの塩ラーメンを食べてもらいました。

こくのある塩ラーメン、とろけるチャシューに感激していました。

月に2~3度寄らせてもらってますが、私も鼻高々でした。(*^^*) らーめん山頭火 本店

住所/北海道旭川市1条8丁目348番地3ささきビル1階

「らーめん山頭火 本店」の詳細はこちら

ラーメンふるき

\口コミ ピックアップ/

旭川といえばしょうゆラーメンですが、ここはみそラーメンがお勧めです。ちなみにしょうゆとしおもあります。みそラーメンは野菜たっぷりみそ野菜、チャーシューたっぷりみそチャーシュー、本州では定番のみそバターなどあります。毎日行列ができるお店であり、旭川地区でもここまでの繁盛しているラーメン店は知らないくらいです。並んで食べる価値ありです。 ラーメンふるき

住所/北海道旭川市緑が丘三条1-1-43

TEL/0166-65-1207

「ラーメンふるき」の詳細はこちら

蜂屋 本店

\口コミ ピックアップ/

旭川で有名な老舗ラーメン店です。独特の魚系スープがコクがありくせになる美味しさです。何度行ってもまた食べたくなる大好きなラーメン店です。 蜂屋 本店

住所/北海道旭川市3条通15丁目左8

TEL/0166-23-3729

「蜂屋 本店」の詳細はこちら

男山酒造り資料館

『男山』340年の歴史と共に、日本の伝統産業の一つである酒造りの歴史と文化を伝える資料舘では男山の由来や歴史的な資料,昔の酒造り道具などが展示されています。また,工場では実際の日本酒造りの工程を見学することもできます(別途申込が必要)。資料館1階には男山で造られるさまざまな日本酒の無料試飲・売店コーナーがございます。

\口コミ ピックアップ/

たっぷり試飲させてもらえ 楽しかったしおいしかったです ♪

限定おこしもお酒が飲めない方でも おいしく食べる事ができてい~と思います 。 男山酒造り資料館

住所/北海道旭川市永山2条7丁目1番33号

TEL/0166-48-1931

「男山酒造り資料館」の詳細はこちら

高砂明治酒蔵

創業明治32(1899)年、旭川で酒を醸しを続けている地酒蔵です。創業当時より「旭高砂(あさひたかさご)」を製造、近年では淡麗辛口酒「国士無双(こくしむそう)」が皆様の喉をうるおしています。当蔵は旭川の冬の特徴である、厳しい寒さと雪の多さという自然環境を生かし、利用した酒造りを行っています。

例えば雪と氷で作った「雪氷室(ゆきひむろ)」(アイスドーム)での搾り、酒の入ったタンクをまるごと雪に埋め、長期低温貯蔵する「雪中貯蔵(せっちゅうちょぞう)」、土中に雪と氷を敷き、さらに酒の入った斗瓶と雪を詰め、初春から夏にかけて貯蔵熟成させる「氷雪囲い(ひょうせつがこい)」などがあります。また、北海道産にこだわり、旭川近郊で作られたお米を原料にした酒造りを行っています。

\口コミ ピックアップ/

私は、お酒は飲めませんが…

ここの酒粕がオススメ☆甘酒にするととっても美味しいです。

酒粕アイスも美味しかったです!

旭川に行くと、必ず寄ります! 高砂明治酒蔵

住所/北海道旭川市宮下通17丁目

TEL/0166-23-2251

「高砂明治酒蔵」の詳細はこちら

大雪窯

旭川・嵐山の麓にある、新緑や紅葉など季節の色彩に囲まれたアトリエが教室です。湯のみやコーヒーカップ、菓子器などをつくりながら、土の扱いや形成などやきものの楽しさを体験してください。

\口コミ ピックアップ/

北の嵐山というお洒落なエリアにあり、外光が沢山入る素敵なアトリエです。

大きな窓からの見晴らしがとても良かった。

陶芸は初めての体験でしたが、優しく教えていただけました。 大雪窯

住所/北海道旭川市旭岡2丁目9-10

TEL/0166-51-1972

「大雪窯」の詳細はこちら

旭川発 北海道のかりんとう屋 北かり

本州でもファンが急増北海道産のかりんとう

\口コミ ピックアップ/

色々な種類のかりんとうが楽しめ、とても

美味しいので旭川に行った際に必ず立ち寄ります。お土産や自宅用にいつもつい買い過ぎてしまう程です! 旭川発 北海道のかりんとう屋 北かり

住所/北海道旭川市永山3-4-1-5

「旭川発 北海道のかりんとう屋 北かり」の詳細はこちら

男山自然公園

国道40号沿いで比布町との境界にある小高い山、突硝山にあるのが「男山自然公園」です。約40haにもわたる広大な園内の森林地帯には、国内でも最大級のカタクリの原生花園があり、雪どけとともに可憐なカタクリの群落が咲き競い大地を染め上げます。カタクリ以外でも桜やつつじなど、四季折々の手つかずの花や自然があふれており、家族連れや観光客など訪れる人々の目を楽しませてくれます。またここからは、はるかに大雪山連峰、十勝岳連峰、眼下に旭川市街地をはじめとする上川盆地を望むことができる風景絶佳の景勝の地でもあります。

\口コミ ピックアップ/

広々とした自然の中で花や草木を楽しむことができます

林の中にいると自然の大きさを感じることができて癒されます 男山自然公園

住所/北海道旭川市東山

TEL/0166-57-2131

「男山自然公園」の詳細はこちら

平和通買物公園

日本で最初に造られた「恒久的歩行者専用道路(年中歩行者天国)」が平和通買物公園です。交通の起点であるJR旭川駅からまっすぐ北へと続くこの大通りは、1972年(昭和47年)、日本で初めての試みとして日本各地の注目を集めました。

かつては師団通りと呼ばれ、やがて平和通、さらに平和通買物公園へと名称を変えながらも、旭川のメインストリートとして多くの市民に親しまれています。通りの両側には百貨店や各種専門店、美容室やラーメン屋に至るまで様々な店舗が軒を連ね、ショッピングゾーンや集いの場として多くの市民や観光客が訪れています。

また、2002年には通り全体がリニューアルされ、変貌をとげています。 冬まつり期間中には、氷彫刻世界大会の会場にもなっており、ロマンチックな幻想的な世界が目を楽しませてくれます。

通りのところどころには、噴水や佐藤忠良の『若い女』をはじめとするブロンズ彫刻像が設置されているほか、ひと休みに最適なベンチも配置され、文化、芸術の面からも楽しめる通りになっています。

\口コミ ピックアップ/

車の乗り入れが禁止のため、歩行者が気兼ねなく散策できるショッピング街です。駅から下る真っ直ぐな歩行者天国は、ブティック、飲食店などに囲まれ、昼・夜共に人でにぎわっています。食べマルシェが開催される期間は、多くの有名店が結集するため、歩けないほどの人が地方からも集まって来ます。ぜひ一度お越しくださいませ。 平和通買物公園

住所/北海道旭川市宮下通から9条通

TEL/0166-23-0090

「平和通買物公園」の詳細はこちら

常磐公園

石狩川に面し、市の中心にある常磐公園は、都市の中でのオアシスです。豊かな木々の間を散策すると、木々の香りがさわやかに香ります。また、平成元年7月には、一般社団法人日本公園緑地協会が全国から公募した都市公園の中から『日本の都市公園100選』に選定されました。

\口コミ ピックアップ/

旭川の駅から徒歩20分くらいで行けるでしょうか、街から近い場所に有るので、のんびりくつろぎに行くには丁度良い公園です。池には貸し出しの手漕ぎボートが有るので、カップル、お子様連れには楽しい思い出も作れます。一周歩くにも結構距離が有るのでちょっとした運動に良いです。近くには美術館、図書館も有り、その帰りに立ち寄るのも良いでしょう。夏にはレジャーシートを敷いてのんびりとピクニックされている方も見かけます。夏のお祭りには屋台、出店でたいへん賑わいます。 常磐公園

住所/北海道旭川市常磐公園

TEL/0166-52-1934

「常磐公園」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

1000円以下で大充実!子ども喜ぶオススメプール10選【東海】
夏休みに家族旅行で行きたい沖縄のおすすめ20スポット!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP