ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おしゃれなお店は写真映えも最高!京橋でフォトジェニックなメニューが楽しめる居酒屋4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格スペイン料理が堪能できる

魚介や野菜、生ハムも楽しめる スペインバル ニニョ トラヴィエソ 京橋

スペインバル ニニョ トラヴィエソ 京橋は、JRと京阪の京橋駅からすぐの場所にある本格的なスペイン料理が楽しめるお店です。こだわりの生ハムを取り扱っていて、世界三大ハムとして知られているハモン・セラーノの食べ放題もあります。スペインの小料理タパスも種類が豊富で具沢山のパエリアやアヒージョなどをいただくことができます。

世界三大ハムに選ばれた生ハムの食べ放題も

本格スペイン料理に舌鼓

魚介料理もおいしい

ニニョトラヴィエソ 京橋 NINO TRAVIESO

京橋 / ダイニングバー 平均予算: 3000円~3500円 アクセス: 大阪府大阪市都島区東野田町3-11-7

旬の食材をいちばんおいしいスタイルで提供

季節を感じることができる和風料理が人気の旬ごはん ほのぼの

旬ごはん ほのぼのは大阪京橋にある和風料理をメインに提供している居酒屋です。仕入れ次第で変わる「メニュー外メニュー」が30種類以上もあり、旬の食材を一番おいしいスタイルでいただくことができます。来るたびに違うメニューがあるので何度訪れても飽きません。また、食事にぴったりの日本酒を数多く取りそろえているので、おすすめのお酒をぜひ訪ねてみてください。雰囲気のある店内はゆったりとくつろぎながら食事を楽しむことができます。

1階は女性でも気軽に立ち寄れるカウンターとテーブル席

旬をいただくならここ!

自慢の日本酒のラインナップ

旬ごはん ほのぼの(http://www.hotpepper.jp/strJ000678735/)

京橋 / 居酒屋 平均予算: 3800円(通常平均)/4000円(宴会平均) アクセス: 大阪府大阪市都島区片町2-11-20

おいしいお酒と小料理が楽しめる

絶品イタリアンが楽しめるカジュアルバル、Oboreru sakana~溺れる肴~

Oboreru sakana~溺れる肴~は、京橋駅から徒歩5分の場所にある腕利きのシェフが作る絶品イタリア料理とおいしいこだわりのお酒を味わえるカジュアルな居酒屋です。一品のタパスは種類が豊富でコストパフォーマンスも抜群なのがとても人気があります。また、おいしいお料理に合うリーズナブルなワインも数多く取りそろえています。

おしゃれでカジュアルなお店

リーズナブルでおいしいワインが多数

お酒が飲めなくても楽しめるおいしい料理のか数々

Oboreru sakana 溺れる肴(http://www.hotpepper.jp/strJ001098980/)

京橋 / イタリアン・フレンチ 平均予算: 平均3500円。 アクセス: 大阪府大阪市都島区片町2丁目6-2 クローバービルB1

全席個室なのがうれしい

木や土など和の雰囲気が落ち着く、和・shoku きりり

和・shoku きりりは、和の雰囲気がとても落ち着くおしゃれな店内です。お料理の盛り付けにもとてもこだわっていて目で見て楽しめるものばかりです。カップルシートや掘りごたつの個室など完全個室制なのもゆったりと過ごせるポイントです。漁師さん直送の天然魚を扱っているため大阪では出回っていない鮮魚もいただくことができるかもしれません。

華やかな盛り付けに食欲をそそられる

本物のおいしい野菜を使用

和の雰囲気が素敵な店内

ブラックのエクストラコールドも飲める

きりり(http://www.hotpepper.jp/strJ000013904/)

京橋 / 居酒屋 平均予算: 3000円 アクセス: 大阪府大阪市都島区東野田町3-6-6 京阪高架下1F

まとめ

京橋周辺には立ち飲み処からおしゃれな居酒屋まで様々なお店があります。その中でも目で見て楽しめる盛り付けや雰囲気を大切にしたお店で心もお腹も満たしてみるのもおすすめです。それぞれのお店のこだわりを味わいながらゆったりとくつろげるといいですね。

※本記事は2016/08/05に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【落ち着いた雰囲気】天王寺でおいしい日本酒が飲めるおしゃれ居酒屋4選
【天王寺のせんべろ店】今日は心ゆくまで飲みたい方におすすめの格安居酒屋4選
【大人の嗜み】梅田の日本酒にこだわりのある居酒屋おすすめ10選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP