体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選

沖縄には、たくさんの魅力的な離島が存在します。旅行を計画する際、どの離島に行こうか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は、那覇から約1時間半内で行ける離島を5つピックアップ! それぞれの離島の魅力をたっぷりとご紹介します。

世界でも有数の透明度を誇る海がある!1年中マリンスポーツが楽しめる「渡嘉敷島」

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選
(C)facebook/渡嘉敷村 公式ページ

慶良間諸島を代表する島である「渡嘉敷島」。2014年に慶良間諸島が国立公園に指定されて、さらなる人気を集めています。そんな渡嘉敷島には絶景ポイントが盛りだくさん!

この島に渡るためには、那覇市の泊港からフェリーに乗るのが一般的。フェリーで約70分、高速船の場合だと約35分で渡嘉敷島に到着します。那覇から日帰りで渡嘉敷島に渡りたいのなら、高速船をチョイスするのがおすすめ。

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選

「ケラマブルー」と呼ばれている抜群の透明度の海が広がっています。1年を通してダイバーが訪れるのも納得の美しさ。トカシクビーチや阿波連ビーチなどでシュノーケリングや海水浴をするのもいいでしょう。素敵な海の生き物との出会いが期待できますよ。

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選
(C)facebook/渡嘉敷村 公式ページ

また、渡嘉敷島は山林にも恵まれていて、海だけではなく、島歩きをするのも楽しそうです。フェリーの往来が見える「港の見える丘展望台」やホエールウォッチングができる「アラン展望台」にも、ぜひ行ってみたいところ。

[渡嘉敷村]

慶良間諸島でもっとも大きな集落がある!世界中が恋する海「座間味島」

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選
(C)facebook/座間味村

座間味島は、那覇の泊港から直行の高速船で約50分で行ける、沖縄県本島の西40kmに浮かぶ小さな島です。渡嘉敷島に負けないくらい、どこまでも透き通った海が広がっています。

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選

この島もダイビングのメッカですが、ダイビングができなくても大丈夫。古座間味ビーチ、阿真ビーチでシュノーケリングやバナナボートなどを楽しむことができます。海に入ると熱帯魚やサンゴを間近で見ることができ、魚の方から寄ってくることも! この機会に、SUP(スタンドアップパドルボード)に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

沖縄・那覇からフェリーで1時間半以内!絶景を望めるおすすめ離島5選
(C)facebook/座間味村

夜には満天の星空が! 離島にきてこぼれ落ちてきそうな星空を眺めるって、至福です。また、毎年1月から3月末までは、ザトウクジラを見ることもできます。そのため、1年中どの季節に訪れても、満たされた時間を過ごすことができる島だと言えるでしょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。