体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」

公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベル。

アーカンソー州の小さな町で始まった心温まる取り組みに、いま全米が注目しています。

必要とする誰かのために
“おすそ分け”を詰める小箱

「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」

アメリカのあるNPO団体が始めた「Little Free Libraries(小さな無料図書館)」が、大きなムーブメントとなった2016年5月。あのアイデアをそっくりそのまま引用し、生活用品や食料をシェアすることで、地元コミュニティで還元しあうシステムをつくった人物がいます。

小さな田舎町ファイエットビルで、「隣人を支え合うのは隣人」をモットーに、助け合いの小箱を始めたJessica Mcclardさん。あの無料図書館にインスパイアされたと言うように、ネーミングもそのまま「Little Free Pantry(小さな無料パントリー)」。

アイデアをかたちにするため、まずはクラウドファンディングで出資者を募り、250ドル(約25,000円)が彼女の元に集まりました。早速DIYして1つめの小箱が完成。Jessicaさんはそこに、自宅で余っていた洗面用品や手を付けずにいた食料品などを詰め、こう記したそうです。

Take What You Need , Leave What You Can.(欲しいものがある人はどうぞ取っていって。その代わり、いらなくなったものは誰かのために置いていきましょう)。

小さな子どもでも理解できる単純明快なコンセプト。これがLittle Free Pantryの精神です。そこに近隣の住民たちが賛同し、小さな町に次々と小箱が増えていきました。
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」
「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。