体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本中に感動を届けたい・・・・・・! スポーツイベントの国際中継を「海底から支える」通信のチカラ

サッカー、野球、テニス、ゴルフ、陸上などなど……。今では、海外で行われているスポーツの試合をリアルタイムでテレビ観戦するのは当たり前になった。しかも、画像や音声の乱れや遅れはほとんどみられず、快適に視聴することができる。

急に画像が乱れたり音声が遅れたりしていたのは、衛星中継が主流だった時代だ。30代以上なら、海外からの映像に「衛星生中継」というテロップが表示されていた記憶があるだろう。

実は現在、海外からの多くの映像は、KDDIが運用している光海底ケーブルを利用して日本に届けられている。光海底ケーブルとは文字通り光ファイバーを使った海底ケーブルで、日本と海外との通信の99%が利用する、いまや国際間の通信に欠かせない重要なインフラだ。運用を担っているのは、都内KDDI通信センターの一角にある国際テレビジョンセンター。その中核である映像の監視運用室には、数多くのモニターやサーバーが配置され、さながらテレビ局の副調整室の様相を呈する。

左からソリューション営業本部 メディア営業部 技術企画グループ グループリーダー 小島禎文、グローバル技術・運用本部 グローバルネットワーク・オペレーションセンター 映像サービスセンター 映像運用グループリーダー 東條泰英、グローバル技術・運用本部 グローバルネットワーク・オペレーションセンター 映像サービスセンター 映像運用グループ マネージャー 川口博士

「実はKDDIと国際TV伝送の関係は古く、日米間初の衛星TV中継にもKDDIは携わっているんです。1963年に起こった、米国大統領暗殺のニュースです」と教えてくれたのは、海外映像配信に20年以上携わる川口博士(ひろし)だ。映像のデジタル化が進み、データ容量が大きくなった2000年頃から、映像データの伝送は通信衛星から光海底ケーブルに移行が進んだという。

川口と同部署のグループリーダーである東條泰英は、「光海底ケーブルは衛星に比べると高速で大容量のデータを送れます。たとえるなら、衛星は一般道で光海底ケーブルは高速道路。そのため、安定した視聴が可能なんです」と語る。

南米からの映像を届けるケーブルは、地球をひと回りする

KDDI通信センターの入り口には、「無事故完遂」の標語が

「我々の役目は、放送局が制作した映像や音声を劣化させず、途中で途切れることなく確実に日本まで届けることです」と川口。そのため、大きなスポーツイベントが開催されるときには、専用の光海底ケーブル回線を確保し、現地にも担当者を派遣。24時間体制で国際中継をサポートしているのだという。

そもそも、国際的なスポーツイベントの映像は、どのように配信されているのだろうか。ソリューション営業本部の小島禎文によると、「基本は開催国が各国の放送局向けに現地特設スタジオを開設します。ここに集められた映像を光ケーブルでリレーしながら日本まで届けるんです。日本に届いたら、KDDI通信センターの監視運用室で、映像や音声に乱れがないかを自分の耳と目で確認し、放送局へと伝送します」という。

南アフリカで行われた国際的スポーツイベントでの現地特設スタジオ。KDDIは世界的なスポーツの祭典で、そのほとんどの映像を日本へ伝送してきた

日本ともっとも距離が離れているブラジルから映像を届けるケースを例に取って小島が説明してくれた。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。