体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】“油そば”を冷やす是非について小一時間語り合いたい @『らーめん影武者』

kage-hiyaabu021_R

颯爽と秋葉原を制覇するガジェット通信ですが、いよいよ夏本番となり秋葉原の街を徘徊するのは厳しい季節を迎えました。

というわけで、筆者(YELLOW)的にも熱いラーメンなんか喰えるかヴォケが!って勢いでして、もはや冷たいラーメンを勝手に特集し始める勢いで御座います。

そして、秋葉原でラーメンを食べる人なら周知の事実ですので、今更言う必要は無いような気もするのですが、あえて言おう!

「秋葉原は“冷やしラーメン”の聖地である!」(新説発表)

そもそも秋葉原のラーメン屋の数が尋常ではないってのもありますが、最近食べ歩いて気が付いたのは“冷やしラーメン”の多さです。

二郎インスパイア『らーめん影武者』

kage-hiyaabu000_R

秋葉原にはチョイチョイ『ラーメン二郎』を模したインスパイア系がありますが、その中でも安定した人気があるのが『影武者』で御座います。

と、言うか汁なしの『麺処MAZERU』を除けば、ほぼほぼ『らーめん忍者』と『らーめん影武者』の二択なので迷う必要はないでしょう。

kage-hiyaabu001_R

あと一軒あったような記憶もありますが、あの店は『ラーメン二郎』に対するリスペクトが感じられないのと、コストを下げる為に野菜も豚肉も輸入しているクセに

「野菜も含め国内業者では豚肉の仕入れが追いつかない」

とか言い訳してるのが駄目過ぎるので却下します。他にも

「豚肉はエイジング・ビーフといって十分に旨みを熟成させてから(略」

とか意味不明な記述がそのまま紹介されているのは問題です。書いた人が聞き間違えた可能性もありますが、そのまま通した側もクレームしない店側も全部まとめてアウトです。

『冷し油そば』を所望する!

kage-hiyaabu035_R

というわけで、筆者的に紹介すべき店はコチラの『らーめん影武者』の『冷し油そば』(780円)となります。

若干、元から“油そば”はアツアツのスープが無いので、あえて冷やす必要性があるのかという疑問はあるのですが、そこをあえてチャレンジする姿勢は評価したいと思います。

『冷し油そば』を食す!

kage-hiyaabu022_R

整いました。

他店の“冷やしラーメン”系は、どの店も丼までキンキンに冷やしてありましたが、まあソコは二郎インスパイアらしいアバウトさって事で気にしない方向でお願いします。

kage-hiyaabu024_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。