ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏冷え、食欲不振。炭酸水が夏の不調にもたらす驚きの効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い夏は活動的な季節ですが、暑すぎて夏バテになってしまったり、クーラーで体が冷えてしまったり、とかく不調に陥りやすい季節でもあります。そんな夏の不調には炭酸水がいいことを知っていますか? もちろんお砂糖がたっぷり入った炭酸飲料ではなく、シンプルな無糖の炭酸水がおススメです。

炭酸水を飲んで、夏の体の冷えを取ろう!

暑い夏でもクーラーの効きすぎた部屋に長時間いることで、体が冷えてしまっていることは多いものです。炭酸水には二酸化炭素が含まれていますが、それが血中に取り込まれることで、体は酸素をもっと取り込もうと血管を拡張し、体の末端にまで血液を循環させようとします。冷えは血行不良が原因なので、炭酸水を飲むことで血行が良くなれば、冷えも改善されます。内臓が冷えているという場合でも、血行が促進されることで暖かい血液が循環すれば、その冷えを取ることができます。

夏バテで食欲不振のときにも炭酸水が役に立つ!

炭酸水を飲むことで炭酸ガスが胃から吸収されれば、胃の周辺の血管も拡張します。胃が活発になれば、夏バテで食欲が出ないなんて時も、頑張って食事をしてみようという気にもなるもの。とにかくあまり胃の負担にならないような食事を摂ってみれば、どんどん胃が動いて食べられるようになりますよ。胃が活発になることで、食欲中枢が刺激されて食欲が湧いてくる効果もあります。

冷えた炭酸水には便秘を解消する効果もある!

便秘でツラいときも炭酸水を飲んでみてはいかがでしょうか。この場合はキンキンに冷やした炭酸水がおススメです。炭酸水に含まれる炭酸ガスと冷たさの2つが大腸を刺激することで蠕動運動を促進し、便秘を解消する効果があります。また、炭酸水は普通の水よりも浸透圧が高く、便に浸透しやすい特徴があります。便が固くて出ないという場合も、炭酸水を飲むことで便に染み込んで柔らかくする効果があります。

夏に嬉しいさまざまな効果が期待できる炭酸水ですが、もちろん甘い炭酸飲料はカロリーオーバーになってしまうのでNGです。また、冷え取りや食欲不振など、便秘の改善以外の目的で飲む際は、常温の炭酸水がおススメ。便秘の解消なら、冷たさも腸を刺激するもとになるので、冷やして飲んでもOKです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。