ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニー・ミュージックエンタテインメント発、キャラクターを再現する人口知能(AI)サービス開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


株式会社­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­ソニー・ミュージックエンタテインメントと株式会社言語理解研究所が、対話型人工知能(AI) [PROJECT Samantha(プロジェクト・サマンサ)] を共同開発し架空キャラクターとのコミュニケーションを実現。βサービスを期間限定で、世界最大級のイラストSNSサイト『pixiv』上で開始する。
[PROJECT Samantha]は人格データをAI化することにより、様々なサービスシステム内で、コミック、アニメ、ノベルズなどに登場する架空のキャラクターたちとの会話コミュニケーションを実現するものだ。今回のβサービスではカイカイキキ所属のクリエイターmebae氏の人気コンテンツ『罵倒少女』の「素子(もとこ)」をAI化 。 CVは『図書館戦争』(笠原郁)、『進撃の巨人』(アルミン・アルレルト)の 人気声優・井上麻里奈が担当 。ユーザーの入力に対し、考えて応答する画期的なAIサービスとなっており、テキスト チャットだけではなく、スタンプやボイスメッセージでも反応することがある。これまでにない架空のキャラクターとのコミュニケーションを体験しよう!!




【βサービス設置場所・運用期間】
http://www.pixiv.net/special/batoshojo
2016年8月4日12時から8月15日12時まで
※PCおよびスマホに対応。利用にはpixiv IDが必要。

 

■対話型人工知能エンジン[K­laei]について
[PROJECT Samantha]は株式会社言語理解研究所が開発した、対話型人工知能エンジン[ K­laei]を利用。[K­laei]は最新の自然言語理解システム(NLU)とマシーンラーニング(NLP)をハイブリッド化した知識駆動型AIで、数百億パターンの感情、感性等を記憶した大規模知識(GAIA、URANUS)と、言語理解エンジン群(Semantic Substance Sampler)で構築されている。ユーザーの意図を推論したり、対話の状況から動的に感情が変化するなど、 利用者との対話から学習・進化していく。[PROJECT Samanta]の本サービスの開始は2017 年を予定している。

 

■pixivとは
会員数1900万人を超える世界最大級のイラストコミュニケーションサービス。
pixiv : http://www.pixiv.net/

 

■罵倒少女:素子とは
カイカイキキに所属するクリエイター「mebae」氏によるオリジナルコンテンツ。 黒髪の美少女・素子(もとこ)が様々なシチュエーションで罵倒する。ハッシュタグ「#罵倒少 女」と共に投稿される一連のイラストは、twitterやpixivで話題を呼んだ。 2016年8月10日に株式会社KADOKAWAより書籍が発売される。







mebae http://www.pixiv.me/mebae
カイカイキキ http://www.kaikaikiki.co.jp
KADOKAWAの公式サイト http://dc.dengeki.com/sp/bato­shojo/

罵倒少女 Illustrated by mebae(Kaikai Kiki)
©mebae / Kaikai Kiki
[PROJECT Samantha]
©Sony Music Entertainment(Japan)Inc.
©Institute of Language Understanding Inc.
©pixiv

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP