体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無印良品でマンション・リノベ! 800万円で大満足のお宅拝見

30歳前半で超都心にマンション購入!? リノベなら実現

前編「無印良品がはじめたマンション・リノベ!住宅購入の新しい選択肢」で、紹介した無印良品のマンション・リノベーション事業。この後編では、実際に中古マンションを購入して「MUJI INFILL 0」のリノベーションをしたお宅を訪問し、施主さんに直接お話を伺ってみることにした。

30歳前半で超都心にマンション購入!? リノベなら実現

訪問したのは東京都新宿区。地下鉄2路線の駅から歩いてすぐ、都会のド真ん中にあるマンション。大通りから一本入っているので、意外と静かな住宅街になっている好立地。こんな場所になかなか新築マンションは建たないし、できても億ション級だなぁと思いながらタイル張りのマンションに訪問。

築19年の管理が良さそうなマンション、その2階が今回リノベーションしたお宅。玄関を入ると、カッコいい自転車が出迎えてくれた。

【画像1】マンションとしては、土間が広く取られた玄関。自転車2台を余裕で置ける(写真撮影/片山貴博)

【画像1】マンションとしては、土間が広く取られた玄関。自転車2台を余裕で置ける(写真撮影/片山貴博)

玄関を入って左手、真っすぐに段差無しで伸びた廊下がLDKに続く。

【画像2】左右の個室ドアも敷居が無い、開ければ床はリビングまでオールフラット。床材はハンドスクレープ(手削りのような凹凸のある)オーク材(写真撮影/片山貴博)

【画像2】左右の個室ドアも敷居が無い、開ければ床はリビングまでオールフラット。床材はハンドスクレープ(手削りのような凹凸のある)オーク材(写真撮影/片山貴博)

そして、リビングキッチンが開放的に広がる。天井設備があらわしのまま白を貴重にした、これぞ“MUJIリノベ”らしい空間だ。

【画像3】壁を取っ払ってワンルームになったリビングキッチン。カーテンではなく木製ブラインドでスッキリ空間に(写真撮影/片山貴博)

【画像3】壁を取っ払ってワンルームになったリビングキッチン。カーテンではなく木製ブラインドでスッキリ空間に(写真撮影/片山貴博)

このお宅にお住まいなのは……こんな、若い女性でビックリ!? 今年3月から入居で、まだ4カ月程度の新居だ。

【画像4】キッチンでにこやかにお話してくれたNさん(30歳代)。本日、夫は海外にてご不在(写真撮影/片山貴博)

【画像4】キッチンでにこやかにお話してくれたNさん(30歳代)。本日、夫は海外にてご不在(写真撮影/片山貴博)

どうしても、まず「このような都心マンション、どうやって資金調達したのですか?」と購入経緯を聞きたくなってしまった。

「結婚後1年は賃貸住宅でしたが、夫の両親の勧めもあって購入を検討することになりました」と、ご両親の資金援助があったことを教えてくれた。現在の特別な税制度で、子どもの住宅購入資金に関する贈与税の非課税制度があるので、ご両親も相続対策等を考えられたのであろう。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。