ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『セイ!ヤング』復活 吉田照美が語る深夜放送の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セエ~イ、ヤァ~ング! 夜明けが来る前に愛し合おう──。なかにし礼作詞のオープニングテーマ曲が流れた途端、場のテンションが高まった。

 7月のある夜、文化放送で『吉田照美のラジオなテレビ~伝説のラジオ番組「セイ!ヤング」が一夜限りでBSに復活!~』の収録が行なわれた。かつて吉田照美(65)もパーソナリティを務めた人気の深夜放送『セイ!ヤング』を1回限りで復活させ、テレビ番組として放送するのだ(BS日テレ、9月25日21時~)。

 吉田より前に『セイ!ヤング』のパーソナリティだったばんばひろふみ、なぎら健壱、後に吉田の番組に出演していた松本伊代、早見優がゲストで思い出話をし、当時のリスナーからの葉書を紹介するなどした。

 進行を管理し、キューを出すのは当時のスタッフで、収録を見守る人々の中にはその頃の学生バイトやヘビーリスナーもいた。

「自然とテンションが高まっちゃいましたよ。いつもより声も高くなったしね。同窓会みたいで楽しかった。僕は深夜放送がやりたくてラジオのアナウンサーになったんです。今でもやらせてもらえるなら、お金を払ってでもやりたいくらいですよ」

 後日、吉田は嬉しそうにそう話した。

「パーソナリティとリスナーが等身大の人間として向き合うのがラジオの良さで、それが一番出るのが深夜放送。喋る内容も自由で、リスナーも独りで聴いていることが多く、いい意味での内輪感、親密感が生まれるんです」

 吉田は大学に入った頃まで「対人恐怖症」だった。そんな自分を変えようとアナウンス研究会に入り、やがてラジオの魅力に取り憑かれ、1974年に文化放送に入社。だが、新人時代は常に「劣等感」がつきまとっていた。

「当時、局にいた先輩のみのもんたさんは、番組に出ているときも、普段と変わらずあのキャラクターのまま。素顔は引っ込み思案の自分にはアナウンサーはできないのではと悩みました」

 吉田は、意識的にテンションを高め、甲高いトーンで喋ることで根暗なイメージを払拭しようとした。『セイ!ヤング』のパーソナリティに抜擢されたのは入社4年目だ。だが、自分は「凡人中の凡人」。そこで、番組の中で「馬鹿なこと」をやることにした。

 有名なのが「東大ニセ胴上げ事件」。東大合格発表の場で受験生を装って「あった!」と叫び、スタッフに胴上げしてもらい、その様子を番組で流すという企画だ。

 すると、その日の夜、NHKを始め多くのニュースで胴上げの映像が流され、『セイ!ヤング』に葉書が殺到し、他局のラジオ番組で永六輔に褒められ、新聞のコラムで「学歴偏重主義への風刺」と持ち上げられた。

 そうした路線が功を奏し、やがて吉田の『セイ!ヤング』は聴取率1位を獲得し、吉田は人気のラジオパーソナリティとなった。以後、時間帯は移りながらも文化放送の平日の帯番組を担当し続け、今は夕方の『吉田照美 飛べ! サルバドール』を受け持つ。(敬称略)

◆よしだ・てるみ/1951年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1974年文化放送入社、1985年フリーに。1980年代は『夕やけニャンニャン』『ぴったしカン・カン』『11PM』などテレビ番組の司会でも活躍。現在は文化放送で『吉田照美 飛べ! サルバドール』(月~金15時30分~)、『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』(土15時~)を担当。

取材・文■鈴木洋史 撮影■太田真三

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
吉田照美が久米宏路線を目指して道が開けた人生を描いた書
オールナイトニッポンの誕生秘話と全盛期エピソードが本に
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。