ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名探偵コナン、ワンピース… 人気マンガ電車で東北復興支援

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“マンガでつなGO東北”をコンセプトに、東日本大震災(2011年 3月)からの復興を後押ししようと、人気マンガのキャラクターを描いた特別列車『コミックトレイン』が運行している。列車は3両編成で車体には『名探偵コナン』(少年サンデー)、『ダイヤのA』(少年マガジン)、『ONE PIECE』(少年ジャンプ)に登場する各キャラクターたちが描かれている

 主催は、出版界の4団体で構成する『〈大震災〉出版対策本部』やJR東日本仙台などで、これまで仙台~女川(7月23、24、25日)、盛岡~仙台(7月30日)、花巻~釜石(7月31日)の区間を走り、8月5、6日には磐越東線の郡山~いわきを走る。いまだ傷痕が残る被災地だが、マンガの力を信じ、希望と笑顔を乗せて、元気を届ける。

 さらに、『コミック出版社の会』(14社)によるマンガの複製原画や、メッセージ入りサイン色紙が展示される企画展も開催。入場は無料で、誰でも気軽にマンガの世界を楽しめる。『いわき会場』(福島・『いわきPIT』)で8月5、6、7日。11~17時。

撮影■平野哲郎

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
チビ太のおでんなど漫画に登場する料理を多角的に分析した書
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
JR境線鬼太郎列車 目玉の親父・ねずみ男等6種類の列車運行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP