ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南シナ海領有権問題 中国軍が無理を承知でゴリ押しする理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本にとって悩ましい国際関係と言えば、大陸、とりわけ中国との関係だろう。新刊『世界史としての日本史』(小学館新書)で初対談した半藤一利氏と出口治明氏が、南シナ海での領有権問題など、中国がなぜ、外へ向かって攻撃的になっているのかについて語りあった。

半藤:日本にとってもう一つの問題は、やはり中国の存在ですね。中国は、南シナ海での領有権問題に関する国際仲裁裁判で敗訴したが、従おうとしない。国際法上では、岩と岩礁と島は明確に区別されていて、中国の外務省も領土にならないのは当然わかっているんですが、軍部は承知しながらごり押しをしている。習近平主席はそれをどこまでコントロールしているのか気になります。

出口:僕がある中国専門家から伺った話では、中国が南シナ海で突っ張っているのは、「中国は今が力のピークだと認識しているから」だというのです。中国は日本に次いで少子高齢化が進んでいますが、対する米国は人口が増え続け、昨年はシェールオイルで世界一の産油国になり、力の差は広がる一方。だから、今のうちに既成事実を作ろうとしていると。

半藤:国際海洋法上で問題があっても、実効支配を続ければ、いずれ既成事実になるということですね。

出口:そう考えている。また中国の長い歴史を見れば、外に向かって領土を取りに行くことはあまりしない国ですね。

半藤:昔は周辺国からの朝貢貿易が主で、従うなら存在を認めてやるという鷹揚とした国でしたからね。

出口:外に向かうより、北方から遊牧民が侵入してきて支配されるんですが、遊牧民を消化して中国に同化させていく。北魏や隋、唐、モンゴル(元)、清など、中国王朝の半分くらいは遊牧民が創った国です。中国が外に向かったのは、地続きのベトナムや朝鮮が中心でした。

半藤:これを言うと、ベトナム人や韓国人は怒りますけど、もともと中国だと。

出口:だから、単純な膨張主義とはちょっと違うと思います。トウ小平が言ったように領土の問題は、これまでは殴り合わないと解決しなかったので、知恵がつくまで時間の経過を待つと。

●でぐち・はるあき/1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、日本生命に入社。現在はライフネット生命保険代表取締役会長兼CEO。著書は『「全世界史」講義』I、II『生命保険入門 新版』『直球勝負の会社』など多数。

●はんどう・かずとし/1930年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋に入社し、「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家に。著書に『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』『昭和史』『日露戦争史』シリーズなど多数。

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
中国とアフリカの長くて独特な関係について詳細に分析した書
櫻井よしこが中国の持つ野望や数々の偽りについて解説した本
【中国人のジョーク】尖閣でTwitterやFB開かなければ中国領

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP