ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇陛下 国民統合の象徴としての在り方示されてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 唯一無二の存在として、孤高のお立場で重責を果たされる天皇陛下。その静かで孤独な闘いを文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

 * * *
 天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子に譲る「生前退位」のご意向を示されているという衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 実はこのお考えは、数年前より周囲に繰り返し語られていたとの報道もある。平成二十二年末に喜寿を迎えられた天皇は、公務や宮中祭祀を精力的に励まれてきたが、平成二十三年二月中旬に東大病院に検査入院され、冠動脈狭窄症との病名が伝えられた(翌年二月に心臓のバイパス手術を受けられる)。その前後から、皇太子、秋篠宮と三人で話をする機会をしばしば作られるようになったという。そこで公務に関する事とともに、将来の皇室について重大な決意が語られたとしても不思議ではない。

 平成二十三年二月二十一日の皇太子の誕生日記者会見での発言には、次のようなくだりがあった。

《皇太子として両陛下をお助けしなければならないと考えておりますが、両陛下のご公務のあり方については、宮内庁内部でも検討がなされているように、ご公務の内容を考慮することによって、両陛下に過度の負担がかからないようにとの配慮が重要であると思います。しかし、同時に、このことは、天皇陛下として、なさるべきことを心から大切にお考えになっていらっしゃる陛下のお気持ちに沿って、進めるべきであると考えます》

 後段の「陛下のお気持ち」とは、天皇の地位にあって公務の責任を果たそうとする今上陛下の強い意志をさしているのは明らかであろう。皇太子として両陛下の公務を積極的に助け取り組むことの大切さを述べながらも、天皇自身が現行憲法下で即位されたはじめての天皇として、「象徴」という地位の役割に深い意味を自覚され、その責務を担っておられることを最大限に受け止めているからである。

 平成二十一年、結婚五十年に際しての記者会見で天皇はこう語られている。

《「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」であるという(憲法の)規定に心を致しつつ、国民の期待にこたえられるよう願ってきました。象徴とはどうあるべきかということはいつも私の念頭を離れず、その望ましい在り方を求めて今日に至っています》

 今上陛下は、天皇は政治を動かす立場にはなく、「伝統的に国民と苦楽を共にするという精神的立場に立っている」という、民生の安定を祈念する歴代の天皇の在り方を「象徴天皇」の姿として求められ、即位以来それを実践してこられた。

 昭和天皇の意思を受け継がれ、皇后とともに先の大戦で犠牲となった人々を悼む、日本全国、硫黄島やサイパン島、そして昨年戦後七十年のパラオ、ペリリュー島への「慰霊の旅」を、また東日本大震災や阪神大震災などの災害で被害を受けた人々へのお見舞いの旅を、まさに「国民と苦楽を共にする」天皇としてなさってこられた。

 避難所にいる被災者を前に、両陛下がひざをつき正座をして、時には抱きかかえるようにして話を聞き、一人ひとりに言葉をかける。これはまさに「象徴天皇」の御代においてはじめて実現できた、この国の長い皇室の歴史のなかで特筆すべきことである。

 今上陛下は、自らにとっても皇室にとってもさまざまな制限と困難を負うことになった戦後という時代を生き、平成においてその御代に、「日本国民統合の象徴」としての「在り方」を明確に示されてきたのである。

【PROFILE】1957年東京都生まれ。中央大学文学部卒業。関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授。鎌倉文学館館長。『川端康成 魔界の文学』(岩波書店刊)など著書多数。

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
天皇陛下お手ずから行う「お田植えとお稲刈り」 その数200株
民主党政権の閣議が夕方にずれこむと天皇陛下のご負担が増える
皇太子殿下 天皇陛下の宮中祭祀取組みを引き継ぐ決意との声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP