ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇陛下 「国民的議論の一助に」と「ご意向」生中継決断か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 天皇陛下が率直なお気持ちを公表される場が8月8にも設けられると報じられた。そのお気持ちとは「生前退位のご意向」であると考えられている。さらに、テレビの生中継で陛下が直接お言葉を述べることも検討されているという。

 陛下は以前から、ことあるごとに公務の重要性を口にされてきた。

「天皇であることは公務をしっかりと果たすことと同義だとお考えで、公務への責任感を大変強くお持ちです。だから、この春に宮内庁が提案した大幅な公務削減案には顔色を変えられたといいます。それならば、公務をまっとうできる体力のある次代に譲ろうというお考えでした」(宮内庁関係者)

 しかし、皇室典範に「生前退位」の規定がない以上、改正されない限り実現はない。その半面、自らが主導して皇室典範改正への道筋を作ろうとするのは「政治関与」とも指摘されかねない。

「陛下を中心にご一家は、『生前退位のご意向』報道の反応を注視していたと聞いています。もし国民から『生前退位』に否定的な意見が多く上がるようならば、今までの皇室のルールに従う他ありません。それが『象徴天皇』の役目なのですから。

 ところが実際は“陛下はこれまで国民のために身を粉にして働いてくださったのだから、退位を認め、ゆっくりと休んでいただいてもいいのではないか”という国民の意見が大半を占めました。生前退位について、議論を深めようという世論だったのです。そうであるならば、国民が望むように議論を後押ししようとお考えになられたのではないでしょうか。あくまで、国民の意思ありき、だったのです」(皇室ジャーナリスト)

 ただ、議論が活発になるにはハードルがある。現在の安倍政権にとっては、「憲法改正という大仕事が最優先。何年もかかる皇室典範の改正に至っては本気でやりたいはずがない」(政治ジャーナリスト)という状況だ。議論の機運が高まっているのに、いまだに検討の有識者会議さえ設置されていないのがその証左だ。

「そこで、国民的議論の一助になるようにと、できるだけ早く国民にお言葉を届けたいとお考えになられたのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 それは陛下おひとりの気持ちではない。長い時間をかけた三者会談(天皇陛下・皇太子さま・秋篠宮さま)に続き、7月23日には、天皇皇后両陛下と皇太子さま、秋篠宮さま、そして黒田清子さん(紀宮さま)の5人で昼食会が開かれ、そのご意向を共有されたという。

「皇太子さまは当然、新天皇になることを意識されるわけですから、自らの発言が余計なハレーションを呼ばないように、事態を注意深く見守っていらっしゃると聞きます。もちろん皇太子さまが生前退位を望まれないのであれば、そもそも陛下のご意向が報道されるわけもなく、異例の中継会見の機会が検討されることもなかったでしょう。つまり、皇太子さまも静かに覚悟を決められ、陛下とお気持ちを共にされているということでしょう」(東宮職関係者)

 秋篠宮さまもまた気持ちを固められていた。

「陛下の『生前退位のご意向』をスクープしたのは、NHKのベテラン皇室記者でした。彼は過去に紀子さまの悠仁さまご懐妊を報じたこともあり、秋篠宮家から信頼が厚いとされています。陛下や皇太子さまに比べて自由が利く秋篠宮さまが、ご一家のお考えをメディアに繋ぐ橋渡し役ではないかといわれています。秋篠宮さまの後ろ盾がなければ、『陛下のご意向』という報道もなかったと思われます。昼食会に参加された黒田さんは、あくまで民間人の立場から、国民の雰囲気を伝えたのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
天皇陛下の「生前退位」をNHKがまず報じた理由
お年玉ない皇室 故高円宮殿下は同級生羨ましかったと語った
天皇陛下「ご意向発表」 10分にわたる異例の生中継検討

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP