ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】南インドの激ウマグルメを発見 〜極めて珍しいスパイス控えめグルメ〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スパイシーなインド料理は最高に美味しい。でもたまにはスパイス控えめな、やさしい味の食べ物も恋しくなりますよね。今回は主食級のメインやサイドメニュー、お腹にやさしく舌喜ぶ、南インドのおすすめ料理をご紹介します。

・毎食の主食にしたい。インド版炒飯・ビリヤニ(biryani)
たまに食べるとやっぱり美味しい米料理。インディカ米をたっぷりのやナッツを使って炒めたビリヤニは、まさに日本人好みの逸品です。クミンなどの複数種のスパイスによる風味が絶妙。

ビリヤニはチキンなど動物の肉入れず、ベジメニューとして用意されることも多いです。筆者もベジレストランで食べましたが、山型に盛られたビリヤニの中に、ゆで卵が丸まる一個入っていました。

ビリヤニは共に提供されるカレーといただくのが一般的ですが、これ単体でも、十分に美味しい。

クミンなどの複数種のスパイスによる風味も、ダイレクトに感じられます。

・チーズ好きなら、ぜひパニール(paneer)を!
パニールとは、インドにおけるチーズです。温めた牛乳をレモン汁や酢など酸性の食品をあわせると、一部脂肪分が固まります。

そこから水分を抜けば、パニールのできあがり。

カレーや炒め物に入ったりと、とりわけベジレストラン(ベジタリアン料理中心)で多用されるパニールですが、筆者のおすすめはパコーラ(pakora)、一口大のパニールをフライしたものです。

どっさりのったオニオンとともに食べましょう。ビールにも合います。

・「おかずももういらない」そんなときはケララパラタ(Keralaparatha)

旅の疲れか、食欲が湧かない……そんなときは、開き直ってパンだけを頼むのも一つです。

そこでおすすめなのが、ケララパラタ。ギー(精製したバター)を塗った生地をパイ風に折り込んで焼いたもので、バターの濃厚な風味がおいしく、そのままでぱくぱく食べられる美味しさです。デニッシュパンと歯ざわりなどにおいて似ているかも。

カレーもあわせて頼むなら、チキンやマトンの旨みたっぷりの、ノンベジのカレーが相性ばつぐんです。

・番外編(バススタンドでぜひ食べてみて)
パン(小麦粉フード)でおすすめなのが、長距離バスのターミナルなどの露店でよく販売している、にぎり拳ほどの大きさの揚げドーナツ。

日本円にして十数円ほどとチープですが、腹持ちもよく、オールドファッションのような食感。意外にも(?)優しい甘さです。ティースタンドで買えるティーも忘れず買って乗車しましょう。

インドグルメを食べたい。でもスパイスは、ちょっとお休み。そんなときは、ぜひこれらのグルメを食べてみてはいかが?

もっと詳しく読む: 南インドの激ウマグルメ探訪 〜たまに食べたいスパイス控えめグルメ〜(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/05/india-umai/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP