体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体はしぼった!文章はどうだ?】くどい“メタボ文”を改善する「文章ダイエット」の奥義

f:id:k_kushida:20160803114129j:plain

■冗長な文章は百害あって一利なし

あなたはくどくどと冗長な文章を書いて、読む人にストレスを与えていませんか? ビジネス文章に求められるのは、読みやすさと簡潔さです。読みやすく簡潔な文章を作るためには、書き終えたあとが重要です。有効なのが「文章ダイエット」。そう、文章を読み返すときに、文中に潜んでいる“ぜい肉”を落としていく方法です。

文中に潜んでいる“ぜい肉”とはどういうものなのか? 具体的に見ていきましょう。

■「重複する情報」と「テーマと無関係な情報」は削れ!

とくに「重複する情報」と「テーマと無関係な情報」は、ビジネス文章の大敵。“ぜい肉”のボス的存在です。

【例文1】

コンセプトに魅力がないため、いちど企画を保留したく存じます。

コンプセプトの甘さを実感しました。

「後悔先に立たず」という格言もあります。

誰のためのイベントなのか、改めてターゲット設定から見直します。

あるメールの文章です。かろうじて意味は通じるものの、まどろっこしく冗長な印象を受けます。

気になるのは以下の2カ所です。

①コンプセプトの甘さを実感しました。

②「後悔先に立たず」という格言もあります。

①は、1行目の「コンセプトに魅力がないため」の言い換えにすぎません。つまり、「重複する情報」です。立て続けに(1行目と2行目に)、ほぼ同様の情報を盛り込む必然性が感じられません。

②は、このメールの主旨とは無関係です。おそらく、書き手は何かしらの意図をもってこの一文を入れたのでしょう。しかし、客観的に判断して、このメールの文脈に合っていません。書き手の自己満足のような一文です。

【例文1の修正】

コンセプトに魅力がないため、いちど企画を保留したく存じます。

誰のためのイベントなのか、改めてターゲット設定から見直します。

「重複する情報」と「テーマと無関係な情報」を削った結果、簡潔で分かりやすい文章になりましました。この文章であれば、ストレスなく読めます。

もしも書き手が「コンセプトの甘さ」という表現にこだわるなら、1行目の「コンセプトに魅力がないため」を「コンセプトが甘かったため」と変えてもいいでしょう。

“くどい言い回し”は削れ!

文章ダイエットでは、“くどい言い回し”も削る対象です。

【例文2】

犬という動物は、外を駆けまわることが大好きだということだ。

この短い文章のなかにも、“ぜい肉”が潜んでいます。赤字(太字)で浮き上がらせてみましょう。

という動物は、外を駆けまわることが大好きだということだ。

「という」や「こと」「ということ」は、とくに使いがちな“くどい言い回し”です。削ってすっきりさせましょう。

【例文2の修正】

犬は、外を駆けまわるのが大好きだ。

スマートな文章になりました。あるいは、「駆けまわる」を名詞化するための「こと」だけは残して「犬は、外を駆けまわることが大好きだ」でもいいでしょう。

もうひとつ例を挙げます。

【例文3】

対人交渉力というのは、会社で認められていくためにも、また、彼自信の将来を考えていくうえでも、極めて重要な能力だということがいえます。

こんどは「という」や「こと」のほかに「ていく」という“くどい言い回し”も登場しました。

対人交渉力というのは、会社で認められていくためにも、また、彼自信の将来を考えていくうえでも、極めて重要な能力だということがいえます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。