体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近日国内で見れる海外アーティストで「トロピカルハウス」をおさらい!

2000年代半ばから徐々に注目され、2014年前後に人気が急上昇しはじめた「トロピカルハウス」。今年は日本にも本格的なブームが到来。

とはいえ、なにそれ?という人もまだまだ多いのは事実。ということで、おさらいがてら近日国内のイベントに出演が決まっているアーティストを見ていきましょう。

癒やし系EDM!
「トロピカルハウス」って?

まず、特徴を掴むには、ジャスティン・ビーバーの『What Do You Mean?』を聞くとわかりやすいはず。この楽曲によって、ジャンルが一気にポップス界で広く認知されたと言われています。

「とにかくアッパーな曲でガン踊り!」だったEDMノリをゆったりさせて、心地良く聞き流せるようにしたハウスミュージック。

ちょっぴりスローなテンポで、南国っぽい“軽い”シンセやアコースティックなサウンドが使われているので、リラックスしながら聞き込んじゃってもいいんです。

では、他にどんなアーティストが?9月開催の「ULTRA JAPAN 2016」に出演する「Kygo」を聞いてみましょう。

Kygo


『Raging ft. Kodaline』のイントロはまるでジョン・バトラーみたいなサウンドで、徐々にエレクトロをトッピングしていく感じ。

Sony Music」によれば、彼はSpotifyで再生数10億回に史上最速で達した人物です。さらに、「ULTRA MUSIC FESTIVAL」の世界公式アンセムを担当。今トロピカルハウスについて話すなら、きっと彼の名前が出てくるでしょう。母国であるノルウェー周辺ではキーゴと発音されるけど、英語圏ではカイゴと呼ばれているようです。

お次にもうひとり、同イベントの出演者として名を連ねているThomas Jackがコチラ。このジャンルの名付け親は彼だと言われています。

Thomas Jack



1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。