ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カイモクジショウが解散を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カイモクジショウが解散することを明らかにした。これはバンドのオフィシャル・サイトおよびTwitterアカウントにて発表されたもの。

彼らはその理由について、7月中旬にヴォーカルの西田夏海による脱退表明を受けたことで、バンド活動が困難な状況になったことを説明している。西田の意向により解散ライヴは行わないとのこと。

またメンバーはそれぞれ1人ずつコメントを発表しており、そのなかで西田は脱退を決意した理由について説明。今後の活動は未定としながらも、「しばらく時間をおいて、自分を救ってくれた歌や音楽、人との関わりかたについて初心に還り、見つめ直したいと思っております」と綴っている。

また高橋裕樹(Gt)、ウエダテツヤ(Dr)は音楽活動を続けていくことを表明。高橋は「悩みに悩みましたが、現時点での最良の選択をしたつもりです。形は変われども音楽活動を続けます。」、ウエダは「まだ見ぬ出会いや創作を求めて、いざ単独行となります。すぐに今以上のモノを創る。全国行き直す。待っててほしい。」とコメントしている。ここに記したものは抜粋にすぎないので、3人がそれぞれ綴った今回のコメント全文を必ず読んでみてほしい。

カイモクジショウは西田夏海、高橋裕樹、ウエダテツヤによって2010年に結成されたベースレスの3人組。高橋とウエダが2人で作り上げる重厚なサウンド、ときにはシャウトを織り交ぜる西田の圧倒的なヴォーカル、3者がぶつかり合って生まれる轟音を武器にライヴ・バンドとして休むことなく全国各所を飛び回っていた。2014年にはオーストラリア・ツアーを行い、その後1stアルバム『JIDOU』をリリース。2016年は2ndアルバムの制作にとりかかっていた。(鶯巣大介)

・カイモクジショウ メンバーのコメントはこちらから
http://kaimokujisho.com

・カイモクジショウ Twitter
https://twitter.com/kaimoku001

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。