ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】漫画「孤独のグルメ」でずっと謎だった「あいつあの目……」の意味が判明

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kodokunogurume

漫画「孤独のグルメ」には、伝説的なストーリーがひとつある。主人公の井之頭五郎が食堂に入る「東京都板橋区大山町のハンバーグランチ」というエピソードだ。

・店主と格闘系のバトル
あまりにも店主がバイトの中国人に厳しくしていたことから、五郎が不愉快に思い、店主に文句を言う。しかし店主と格闘系のバトルになり、中国人バイトが「それ以上いけない」と止めに入る流れだ。

・どんな心情を持って出たセリフなのか
その直後、五郎は「…あいつ…あの目」というセリフを言い、その真意を語らぬまま「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」という最後のセリフに繋がる。読者の間で「…あいつ…あの目」はどんな心情を持って出たセリフなのか、ずっと議論され続けてきた。

・真意がわかるセリフの存在
しかし、その答えが判明したのである。それはドラマCD版「孤独のグルメ」によって判明したもので、五郎が「…あいつ…あの目」のあとにその真意がわかるセリフを吐いているのだ!

ちなみに、ドラマCDは数年前に発売されており、マニアの間では「…あいつ…あの目」の真意を知っている者もいる。以下は、漫画版とドラマCD版の当該部分のセリフである。

・漫画版
店主「痛っイイ」「お…折れるう~~~」
中国人「あ! やめて」
中国人「それ以上いけない」
五郎「……」
五郎「はぁ」
五郎「…あいつ…あの目」
五郎「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」

・ドラマCD版
店主「痛っイイ」「お…折れるう~~~」
中国人「あ! やめて」
中国人「それ以上いけない」
五郎「……」
五郎「はぁ」
五郎「…あいつ…あの目」
五郎「なんであんなに悲しそうな目をするんだ」
五郎「あ…いかんなあ…こんな…いかんいかん」

・あまりにも悲しい目だったため
なんと! 五郎は中国人バイトがあまりにも悲しそうな目をしていたので、「…あいつ…あの目」というセリフを吐いていたのである。読者の間では「せっかく助けたのにあの目は何だ!」や「あいつ涙目になっていたな」「まつ毛が長いな」「カワイイつぶらな瞳だな」などの憶測があったが、まったく違っていたようだ。

もっと詳しく読む: 孤独のグルメでずっと謎だった「あいつあの目……」の意味(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/08/04/kodokunogurume-manga-anome/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。