体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】食体験ミッション「あめ細工の技をジャックせよ!」~実際に作ったら、もっと好きになった!vol.1~

f:id:tabearukist:20160801133002j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストSatoviです。

いきなり人気ゲームのキャラみたいな画像から失礼します!

今回はまたまた新企画! 私たちタベアルキストが様々な食の体験にチャレンジ、その体験レポートをみなさんにお届けしようという体当たり企画です。

体験内容はメンバーもジャンルも多岐に渡る予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

江戸の技、あめ細工

さて、第1回目のミッションは「あめ細工の技をジャックせよ!」です。

これ相当高度な職人技だと思うのですが、できるのでしょうか? 乞うご期待!

f:id:tabearukist:20160801134611j:plain

昔懐かしい「あめ細工」。子どもの頃にお祭りの屋台で見かけたような。

江戸時代にはあめ職人が細工をしたあめを街に出て売り歩き、細工の技術と種類が増えたとか。

「あめ細工」はお客さんの目の前で一瞬で様々な形を作る、大道芸的な手練れの技が魅力。まずはその技に触れるべく、懐かしい街並みが残る千駄木の「あめ細工 吉原」を訪ねました。

f:id:tabearukist:20160801135235j:plain

▲あめ細工吉原のオリジナルキャラクター「あめぴょん」

店内に入るとかわいい「あめ細工」がところ狭しと並んでいます。

動物やキャラクター、季節の花など、まさにバリエーションも数も豊富! 飴だけでできているとは思えないほどの表現力や技術力の高さに、まずはびっくり。

f:id:tabearukist:20160801140156j:plain

▲本当に飴だけ? と思うような、手の込んだ現代風のデザイン作品

そして一つ一つが全て手作りなので、同じ種類でも表情などが微妙に違い、全く同じものは一つとしてないのです。奥の工房では、職人さん達がせっせと「あめ細工」作りに勤しんでいます。

まずはその驚愕の技を見せてもらうことに

代表の吉原さんに「あめ細工」作りを見せてもらうことにしました。

吉原さんは元々イタリアンの料理人。イタリア修行時代に日本文化を見直すきっかけがあり、日本に戻って子どもの頃から興味のあった、「あめ細工」の世界に弟子入りしたそうです。それから14年、現在の店舗での実演販売にたどり着いたそう。

さてさて、その技ですが、間近で見たらもう驚愕の一言! みるみるうちに飴に生命が吹き込まれるような、そんな瞬間に立ち会うことができました。

f:id:tabearukist:20160801141248j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。