ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ』テーマソングを自宅前で演奏したら・・・なんと、ご本人登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本来ならば、はた迷惑極まりない話です。だって、白昼赤の他人の家の前で、突然トランペットを吹き出すんですから。

やっぱ迷惑……ですよね。
と思ったら、えっ、マジ〜!?

トランペット奏者のBryce Hayashiくん(写真左)とフリューゲルホルン奏者のMichael Millerくん(写真右)。譜面台を歩道に置いて、演奏し始めたのは映画『スター・ウォーズ』シリーズのテーマソング。

“身の程知らず”というか“大胆不敵”というか……。事もあろうに彼らふたり、自分たちの演奏をあの超有名なメロディの生みの親、作曲家ジョン・ウィリアムズの自宅前でやっているんです。

やっぱり、迷惑……ですよ、ね?普通に考えたら。ところが、そこはアメリカ。あり得ないことが平気で起こっちゃうんですから。

玄関先に物影が。ええっ〜、まさか!?

ジョン・ウィリアムズ
ご本人登場!


「ちょっと難しすぎるだろうって聞いてたんだけど、なんだやるじゃないか!」

彼らの演奏に感激したウィリアムズ本人が、なんと自宅を出てまで彼らに握手を求めにきたのです。仰天しすぎで笑いが止まらないMichaelくん。突然の出来事に棒立ち状態のBryceくんは、まだ13歳なんだそう。

そして、もしかしたら彼ら以上にビックリしたのが、この動画を撮影していた隣人の女性。まさかの本人登場に、まるで我が子のように大声で二人を紹介しているんですから。

ちなみに、御年84歳のウィリアムズ。『スター・ウォーズ エピソード4/ 新たなる希望』で、1977年にアカデミー作曲賞とグラミー賞をダブル受賞。この他にも『インディ・ジョーンズ』や『ジュラシック・パーク』、『ハリー・ポッター』など、数々の映画、シリーズもののサントラを手がける映画音楽界の第一人者だってことは、もちろん大丈夫ですよね。

Licensed material used with permission by Michael Miller

関連記事リンク(外部サイト)

【太田雄貴プレゼンツ】これさえ見れば、リオ五輪の「フェンシング」をもっと楽しめる!
手術の傷跡を気にする8歳の息子 体を張った「パパの行動」に賞賛の嵐
「航空機」へのプロジェクションマッピングは、初めて見ました。(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP