体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカでは運転免許が数千円!?知っておいても損はしない意外なコト6選

世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されているあらゆるお金にまつわる雑学なんかもそうです。

オーケストラの給料事情やノーベル賞の賞金にまつわる裏話など、いくつかピックアップして紹介しましょう。

01.
ヴァイオリン奏者と
シンバル奏者の給料は同額

アメリカでは運転免許が数千円!?知っておいても損はしない意外なコト6選

日本のプロオーケストラでは、完全に固定休というところが多い。楽団によってかなり差はあるが、一応給料は安定しているといえる。

オーケストラは規模によって60人〜100人くらいの楽団員が所属している。ヴァイオリンやチェロのように、演奏会でいったん曲が始まるとほぼずっと弾き続けている弦楽器の楽団員もいれば、そんなに音を出す機会がない、例えばティンパニーのような打楽器の楽団員もいるのだが、その給料には正団員である限り楽器による差をつけないのだという。

もちろん、年齢とキャリアによって差が生まれる場合はあるが、同じくらいの年齢であれば、みんな均等の給料をもらっている。

ただし、各楽器のセクションに「首席奏者」がいて、この人は給料の5〜10%ほどの「首席手当」がもらえる。

02.
運転免許、日本は30万円
アメリカは3,600円?

日本の運転免許(普通免許)取得までの費用が高すぎる、ということは、よく言われる話。本当にそんなに高いのか、海外と比べてみよう。

日本では通常、都道府県警察(公安委員会)が公認する指定自動車教習所で所定の課程を終了しなければ、普通免許を取ることができない。その講習料は25万円から30万円くらい。さらに運転免許試験場(運転免許センター)で学科試験を受ける費用もかかるし、期間も数ヶ月かかる(一部、短期のクイックコースもあるが…)。

アメリカでは、自宅にある車で練習して試験を受けることができる。日本で近所の駐車場で運転の練習をしたら「無免許運転」になってしまうが、アメリカでは問題ない。連邦政府の自動車局での受験費用は、学科と実技を合計して約30ドル(約3,600円)程度。ちなみに学科試験の問題は、ネットで公開されている。

英国では、免許保持者が先生として同乗し、路面で練習する場合が多い。費用は先生にもよるが、2時間40ポンド(6,400円)程度で、先生がOKを出せば受験へと進む。教習所に通う場合は10回で200ポンド(3万2,000円)。筆記試験料が約30ポンド(4,800円)、実技試験が50ポンド(8,000円)程度だ。

フランスでは、民間の自動車学校(オート・エコール)で運転講習を受け、その後、地元の警察で実地試験を受ける。費用は20時間の学科と実地込みで800〜1,000ユーロ(約10〜12万円)ほど。

ドイツでは交通局による学科の講習があり、それとは別に自動車学校の技能講習が行われる。1,000ユーロ(約12万円)からのコースがある。最大の特徴は、フランスとドイツの免許は生涯有効で更新の必要がないこと。

各国とも日本より低コストで、なにより練習の選択肢が豊富なようだ。

03.
「小松菜」は農家にとって
安定した収入源?

アメリカでは運転免許が数千円!?知っておいても損はしない意外なコト6選

旬は冬。鍋物に最適で、雑煮に入れても良し。他にもおひたしをはじめ、とても使いやすくて重宝する小松菜は、農家にとっても有用な野菜だ。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。