ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソニーミュージック、キャラクターを再現する人工知能サービス「PROJECT Samantha」開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソニーミュージック、キャラクターを再現する人工知能サービス「PROJECT Samantha」開始

ソニー・ミュージックエンタテインメントと言語理解研究所は、対話型人工知能(AI)「PROJECT Samantha(プロジェクト・サマンサ)」を共同開発し、架空キャラクターとのコミュニケーションを実現。βサービスを期間限定(8月4日〜8月15日)で、イラストSNSサイト「pixiv」上で開始する。

「PROJECT Samantha」は、人格データをAI化することにより、様々なサービスシステム内で、コミック、アニメ、ノベルズなどに登場する架空のキャラクターたちとの会話コミュニケーションを実現するもの。

今回のβサービスでは、期間限定でカイカイキキ所属のクリエイター・mebae氏の人気コンテンツ「罵倒少女」の「素子(もとこ)」をAI化。CVは「図書館戦争」(笠原郁)、「進撃の巨人」(アルミン・アルレルト)の声優・井上麻里奈が担当する。

なお、本サービスの開始は2017年を予定している。

βサービス設置場所
http://www.pixiv.net/special/batoshojo
運用期間:2016年8月4日12:00〜8月15日12:00まで
※PCおよびスマホに対応。
※利用にはpixiv IDが必要。

罵倒少女 Illustrated by mebae(Kaikai Kiki)
©mebae / Kaikai Kiki
[PROJECT Samantha]
©Sony Music Entertainment(Japan)Inc. ©Institute of Language Understanding Inc.
©pixiv

関連リンク

ソニー・ミュージックエンタテインメント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。