ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャート快進撃中!ジャスティン・ビーバー&ムーをフィーチャーしたメジャー・レイザーの最新フロアチューン(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週発表された、最新の米ビルボード・ソング・チャート(8月13日付)で、初登場2位にデビューを果たした、メジャー・レイザーの新曲「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」が、次週首位の座を狙う。

 メジャー・レイザーは、トラックメイカーであるディプロ、ウォルシー・ファイアー、ジリオネアの3人からなるユニット・グループで、レゲエを基盤に、EDMやトロピカル・ハウスなど、最新の流行を取り入れたサウンドをヒットさせている。日本でも、昨年スマートフォンのCMに起用され、一気に火が付いた「リーン・オン」(2015年)が大ヒット。全米では、最高位4位をマークし、オーストラリアやスイスではNo.1を獲得した。

 「リーン・オン」にコーラスとして参加した、デンマーク出身の女性シンガー、ムーと、同2015年、メンバーのディプロがスクリレックスと共に発表した「ホエア・アー・ユー・ナウ」(最高位8位)でコラボした、ジャスティン・ビーバーがフィーチャリング・ゲストとしてクレジットされている。

 新曲「コールド・ウォーター」は、その「ホエア・アー・ユー・ナウ」の続編ともいえる、デジタル色の強い最新のフロアチューンで、ジャスティンの新作『パーパス』に収録されている「ソーリー」にも近いナンバー。両者のボーカルも見事に溶け合っていて、ミュージック・ビデオの完成も期待できそうだ。先立って公開されたリリック・ビデオは、1週間で4000万視聴回数を突破している。

 若者を中心に人気が拡散している「コールド・ウォーター」。現在、2週目のNo.1を死守する、シーアの「チープ・スリルズ」との差も、大きく離されている状況ではないので、公式ビデオが公開されれば、ストリーミング・ポイント(視聴回数)の上昇により、メジャー・レイザー初の首位獲得も実現できるだろう。

 ジャスティン・ビーバーは、8月13日、14日に、幕張メッセで行われる【JUSTIN BIEBER PURPOSE WORLD TOUR 2016】のため、12月のアルバム・プロモーション以来、8か月ぶりとなる来日を目前に控えている。

Text:本家一成

◎「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」リリック・ビデオ
https://youtu.be/a59gmGkq_pw

関連記事リンク(外部サイト)

メジャー・レイザー、ジャスティン・ビーバー&ムーによる最強“サマー・アンセム”が見事洋楽チャート初登場1位に
【米ビルボード・ソング・チャート】No.1を死守するシーアに、メジャー・レイザーとジャスティン&ムーのコラボ曲が迫る
メジャー・レイザーの新曲はJ・ビーバーとムーをfeat、ディプロが明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP